スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎県 祖母山風穴コース

平成24年11月24日(土)

天気予報のマークを信じてたのに・・・
三連休の中日、頂上から天狗岩方面への大事なコースの下見だったのに・・・

今回は珍しく隊長のレポです。(写真と合いの手はワタシだよ~ん)
これ、しかめっ面で部下に威圧感を与えながら会社のデスクで書いたんじゃなかろか。
いや、わからんけど



祖母山風穴コース  20121124

今日は雲が低く、三秀台近くからも祖母山は見えない。真っ白でござる。
西高東低の冬型気圧配置に等圧線は縦縞。山は荒れるはず・荒れたよなぁ・・・
雨降りは嫌だなぁ…と思いながら、五ヵ所小学校より林道へ入って行くと7月の豪雨で凸凹になった林道は整備されてて普通車でもOK! まずは第一関門クリア!

フロントガラスにちーさな雨粒が・・・
北谷登山口へ1


北谷登山口駐車場には4~5台がすでに駐車していた。
準備をしてると4台ほど追加で駐車場へ入ってきた。さすが百名山!人気者だ。
九州外の百名山ハンターの「わナンバー(レンタカー)」も多かったように思う。

小雨が降ってきた。
のんびり準備してると皆さんが先に出発していく。大半が風穴コース!
今日は姫の膝のことを考え、千間平コースと決めて来たのだが 姫が目で追っている。
私:風穴行く?  姫:風穴行く! 私:膝痛くなるよ 靴もドロドロに…帰って大変
数秒の無駄な抵抗は「大丈夫!」という根拠のない姫の一言で決まってしまったのでした。
という珍道中のお話です。

さーーっっ 行くべよっ
風穴コース2

=================================

風穴コースは、林道を少し進んで 右に降りる案内看板から最初は下ります。
まずは1つ目の沢を渡り、しばらく歩いて2つ目の沢を渡ります。
植林の中をしばらく歩くと3つ目の沢が出てきます。ココからが登山の始まりです。
2年前の記憶では「ズルズル滑る」と記憶していたのですが、何と!登山道が整備してあります。
地元の方or有志の方orお役所の方 ありがとう 感謝 感謝。

登山道3 登山道4

といってもココからは傾斜がキツくなり、今日も体調チェックをしながら登ります。
スズ竹を抜けると、小滝?段差がある沢?の横にロープがあるポイントに着きます。

まだ元気~!
小滝5


景色は広がりのあるチョロ沢&苔むした石ゴロゴロといった感じ。プチもののけの世界。
沢も4つ目だと感動は薄れるのですが、夏は涼しく個人的にはオアシス!
植林の中を登ると出てくる自然の入口のようなとこです。また前回この少し先で道迷いしたので、思い出のオアシスでもあります。
水が不安な方はココが最後と思ってください。Q合目小屋までサハラ砂漠登山になる危険があれば給水しといてくださいね。
但し、衛生面は自己責任で!

苔森6

オアシスも小さなケルンや新しいテープが設置され分かりやすくなっていました。
この先はカレ沢のような石ゴロゴロを少しだけヒーコラ登山となりますが、ひと登りするとスズ竹のトンネル道に変わります。
傾斜がキツくなったり・緩くなったりを繰り返し登っていると風穴案内の新しい看板が出てきます。
1400mぐらいから雨はみぞれに・・・ 「雪積もってる?」と喜ぶ姫・・・
知らぬが仏め!風穴のアルミ梯子を登るとみぞれは更に激しく。スズ竹の陰で雨宿りをして、これから先が予測できる私は風穴なんて見なかったように歩き出します。
というのも、スタート時点からレインウェアの上着は着ていたのですが、ズボンは履いておらず、スズ竹の水滴攻撃でズボン前面が濡れ始めていたのです。ここで履けば良かったものをそのまま登山続行! 後で夢見る元乙女も泣く羽目に・・・

風穴覗きたかったけど滑るし
風穴7 ゆき?8

いつもは風穴過ぎると一部景色が良いハズ・・・ 
本日は真っ白! 足元も少し白!と修行の様な登山が続きます。
ご存知のように、これからホントの両手両足を使うフル祖母山登山がはじまるのに、今日の我が隊は小休止のみで、展望あるはずの岩も素通りし、手袋もグチョグチョになりながら、木の根・岩にしがみつき 頂上を目指しました。姫も無口・私も無口な修行僧でした。だから後半戦の頂上までのレポートは荒かです。

座って休めないけど、この景色もなかなか
最初の大岩9 岩ヨジ登り11

どわっっ ビッグフット!? 
足跡10

1500m過ぎから、ありゃ?樹氷?霧氷? 違いが分からぬ我が隊ですが、今年初めての祖母山ばぁーちゃんのプレゼントを受け取りました。
しばらく堪能して、「手が冷たい・痛い」という姫の悲鳴を聞きながら、小尾根に上がり
普段なら天狗岩なども見える絶景ポイントをスルー。 スズ竹地獄に再突入します。

思いがけないご褒美 (なんの?)
樹氷12 エビの尻尾13

樹氷あっても 北西の風が強い。濡れたズボンが冷たい。手も冷たい。まだまだ修行は続きます。同じようなスズ竹・岩登り・木の根しがみつき・尾根筋・スズ竹の登山道の繰り返しを歩いていると、真っ白なガス中では「さっき通った?」と錯覚してしまうほど不思議な感覚になります。今回は遭難する時ってこんな感じ?の疑似体験もできたのでした。

登山道14 頂上下の大岩15

頂上手前の尾根筋(展望岩への寄り道できるとこ)が樹氷は一番良かったです。
3~4cmほど均等に氷のオブジェが出来ており、岩場は霜降りになっていました。
姫もカジカム手を暖めつつ写真を撮ってます。 きれいだけど風が強くて寒い。

今回は2cm程の積雪があったため、先行者の踏み跡を追う形で淡々と登ったのですが、
「まだぁ?」「腹減った!」と今回は愚痴を溢さぬ姫を尊敬したり・実は頭悪いんじゃない?と思ったり(逆もアリやな!)と真冬の修行登山約3時間で頂上に到着。

ちょっ、コラッ! 鈍感?なんてこと言わんよねぇ?
思いがけない冬景色に寒さも疲れも忘れておりやした。
頂上にもっと居たかったーーー

頂上16 頂上17

3名の男性がいましたが、挨拶もほどほどに さっさと証拠写真を撮ってQ合目の小屋へ
途中 道違うんじゃない? 雪があるといつもの道が違って見えます。
無口な2人はズルズル道を通って小屋へ。

あっ!サイフ忘れた×2・・・
人という生き物は、長く生きるとズーズーしくなるもので、奥のストーブあるとこじゃなければヨシ!自分ルールで手前の玄関内(下駄箱?小屋番さんの修理道具格納庫?ベンチのあるとこ)になだれ込み、ラーメン食って生き返ったのでした。ある意味 無銭飲食?
小屋番さんに「ガス使って良い?」と了承だけは取り、小屋番さんの顔はしっかり立て、ラーメン・コーヒーまで行くあたりは、私共 さすが立派な中年でございます。
次回は払います。ごめんなさい。

黒金尾根から登ってきた方・手話交じりで単独登山の方に親切にしている方・仲良し夫婦と皆がラーメン! この日は一番の御馳走でしたね。皆さん!
一息つくと他人の話に耳がダンボになるもので、噂では聞いていたのですが、ほしこがin尾平が営業をやめた・靴の中も濡れた・ここで靴を脱ぐともう履きたくないと微笑ましい山小屋の会話が聞こえてきます。山小屋泊ってみたい!姫もそんな気持ちだったのでは?

もちろん!山の中で夜を明かしてみたいな。テントはまだかなー

水場で給水し、さぁ!登ったら姫の苦手な下りが待っております。

国観峠のお地蔵さんまでは、お天気の日でもズルズルだから ゆっくり下っていきます。
手袋を変え、レインウェアも上下着こんで下りたので、スズ竹なんて怖くない!はずが、姫の口数少ない。
おいおい!

おじぞーさま。どうかどうか元気な足をおくんなせぃ。。。
国観峠18

登山道はどこまでもガスって・・・
登山道19

千間平もしーんとしてる
千間平20

そーです。膝です。そーなんです。 必死に下ってきますが、段々間が開いてきます。
途中で休憩と言っても絶対にイヤ!というので、給水ポイントと名前を変えて小まめに休憩を入れて、2時間30分ほどで登山口にたどり着きました。

今回は極寒雪道とズルズル登山道で無駄な力が入ったのか?ヘロヘロ下山の姫でした。
本日の登山は、キツ・ズーズーしい・寒かった・靴ドロドロの1日でした。

今回の山行を物語ってますなぁ~
到着21

名誉挽回のために付け加えますが、(そこのあなた!誰の?とは言わない!)
その晩 温湿布を膝に貼って寝たら、翌朝 ロボット姫になってませんでした。
湿布が良いのか? 貼ってあげた人が良かったのか?
貼った人でしょうね・・・ 皆さんも同意見ですよねぇ。。。。 笑

                                By隊長


レポ、ありがとうございます!
今回、なんとあろうことか大事なサポーターを忘れてしもて(汗)
滑る下りは辛かったっす。
二人のペースが違い過ぎて、途中で待つ隊長には寒い思いをさせてしまいすんましぇん。
切れ込みの温湿布はめっちゃ効きました!! 感謝感謝っす。
へいへい、貼った人のお・か・げ としときましょ

宮崎県側 古祖母山~障子岳

平成24年10月7日(日)

三連休の中日、午前2時起床。ゴソゴソと活動をはじめた
目が覚める朝焼け
この時点では、「まさかあーんなコトがあるなんて!」思い出しもしなかった隊長。
夜明け1

先の予定では、黒金尾根を歩くという隊長を尾平登山口で下ろし、
私は尾平越トンネル登山口から登り、障子岳で合流する計画でした。

が・・・

古祖母山から障子岳へ初トライの私の単独山行に一抹の不安があったのか?
結局、いつものように2人で歩くことにして
隊長の黒金尾根挑戦はまたの機会にっつーことに。

いそいそと準備をしていた時に隊長が叫んだ。

『靴 忘れたっ!!』

げーーっ 黒金尾根どころじゃなかったねー、隊長。
古い登山靴を車に乗せっぱなしにしてたのが不幸中の幸いでした

6:33AM スタート   尾平越へ登る登山道には鹿の寝床。ほっかほか
スタート2
 寝床3

台風の影響か? 無残な姿の大木
無残な4 無残な5

40分ほどかかって尾平越へ到着。
大分側からの登山道は、7月の大雨の影響で崩落し閉鎖されています。
大分側6

コシキ岩! 岩・・ 岩? どこじゃ~~~

・・・って、立っている場所がそうらしい。
まるで阿蘇高岳の天狗の舞台。その場に立つとドコ?ってな感じっす。
コシキ岩7

気持ちいい尾根道を登って下って、展望所からは憧れの天狗岩が! 見えん・・・(泣)
でもここからの眺めは格別です
展望台8

ガスがかかった登山道には色付き始めた木々がチラホラと。
登山道9

なぁ~~んて幻想的なんでしょ
登山道10 紅葉11

歩き始めて二時間半、第一の目標 古祖母山到着。
山頂には、祖母山から縦走中というお二人さん
古祖母山頂12

ちょっとガスがあるけどいい眺めです。見ればほんのり色付いています
祖母山方向
展望13
おやぢ岳方向?
眺め

30分ほど休憩してお腹を満たし、いよいよ障子岳へ~~
ここから先は初めてなのでわくわく!
綺麗に色づいた紅葉でさらにテンション
紅葉14

障子岳への登山道は、こーんな曲がった木やスズタケがうっそうとしており
ぼーーっとしてるとザックを引っかけたり、顔面衝突したり・・・
ちゃんと前方を見て歩きましょう!!
登山道15

枯れた木々が皆同じ方向に寝てる不思議な場所。
『白骨街道』 by隊長
デコが痛いのもなんのその!テンションMAX~
不思議な17 不思議な16

途中に第一展望所、第二展望所と看板があり、第三でちょっと覗いてみた。

うげーーっっ!! た、高い・・・・

ホフク前進でなんとか岩の先っぽ近くまで行き、なんぢゃこりゃ~~?のポッチを激写。
第3展望所18 第3展望所19

障子岳へ続く尾根の登山道途中には崩落個所も!
通ることは出来ますが、右側の崖下に向かってベリッ!と剥げています(恐)
崩落20

大きな岩肌が見え、頂上はあと少し。
さーーっ 頑張って登るバイ
直下21

障子岳到着~~! 古祖母山頂から約1時間15分。
障子岳頂上22

天狗岩にまたひとつ近づけました
烏帽子岩と祖母山方向。 紅葉はこれからですね。
天狗方面23

歩いてきた古祖母山方向。
古祖母方面24

三連休ということもあってか、縦走する人が多かったように思います。
さすがにピストンで天狗まで行って戻るのは、
体力的に時間的に厳しいので(私が)、今回はここまででUターン

待っとれぇぇ~~~ 天狗岩ちゃん

第一展望所で振り返って見ると、素敵な眺めが広がっていました。
展望25

予想より少し早めの午後3時過ぎに登山口に戻り帰り支度。
ここでまたこの日4度目の、 『木と顔面衝突』
おかげでふやけたノーミソにほど良い刺激がぁぁ・・・・(痛!)

今回は淡々とゆっくりペース。 そのペース作りとは?
「タンタカタカタカタンタンタ~~ン」 注:NHK今日の料理オープニングテーマ曲
終始 隊長の頭の中で流れていたそうな。

そのおかげで同じペースであまり遅くなることなく歩けたこと。
それと歩きたくて仕方なかった古祖母山の登山道であり
また未踏の障子岳への山行ということもあり、めっちゃ充実した山歩きでした。

明るいウチに帰り着くはずだったのですが南阿蘇まで来て渋滞にハマり、
すすまーーん
眠いしお腹は空くし・・・ 神様のいぢわる!
でも夕陽は綺麗だったよぉ~ん
帰り道26

宮崎県 高千穂峰

平成24年9月9日(日)

天気予報が外れてお日様が出た日曜日に向かった先は霧島連山。
夜が明けて明るくなっていく空を見ながら南下しました。
山の方はいい具合に?雲がかかって、わくわくします~
えびの市1

二週間前に立ち寄った場所。
山登りを始めた頃に登り、ガレ場の下りに泣いた高千穂峰リベンジです
午前9時にスタート。
登山口2

歩き始めは森の中ですが、火山灰が積もってまるで砂場
階段も火山灰だらけ~で、歩きにくいっ
韓国岳を歩いた時はあまり感じなかった、新燃岳噴火の痕跡です。
登山道3

ここっ!!

山歩きを始めた当初に登った時は、赤茶色のガレ場だったのですが
新燃岳噴火による火山灰で、まるで砂山のように変貌していました。
一歩踏み出しても、足を取られてズズっと半歩下がる・・・ 
登山道4 火山灰5

ここは以前、怖くて泣きそうになりながら下った場所。
でも今回は下りが楽しみ~~
さ~んぽ 進んで 二歩 下がる~
ガレ場登り6 登り

何度も立ち止まりながらも、なんとか馬の背まで辿りつきました
ここも以前の景色とは違う~~
馬の背7

まるで運動部の足腰鍛錬のよう。
写真撮ってると とっとと置いていかれる・・・
馬の背8

馬の背を振り返って見る。
振り返って9

赤かった岩肌の断面も今はこの通り。
岩肌10

この鳥居から最後の登りに出発~~
最後の登り14 いざ!15

三歩進んで二歩下がる~ を繰り返し、午前11時15分頂上到着
今回の火山灰が積もった登山道はかなりしんどかった。
山頂16

逆鉾も健在。
おっ!写真になにやら参入者が・・・蜂? 
逆鉾17

頂上の山小屋では、火山灰を取り除く復興作業でしょうか。
何人もの方々がスコップ片手に作業を行われていました。
区役?18

こちらに8月10日に解禁となった御池方面からの登山道が見えるはずなのですが・・・
御池からの登山道?19

お昼を食べながらしばらく待ちましたが、頂上はガスがかかって眺望ナシ。
眺望なし20

頂上からの眺望を諦めて下ることに。
頂上でも舞っていた蝶の姿を、馬の背で撮影成功!
蝶24

馬の背から先の下り、今回は楽しぃぃ~~~
一歩踏み込めば、ずずーっと下ります。
テレビで見た、富士山の砂走りみたいー
遠くにはかすかに桜島が見えました!! クリックしたらうっすらと
桜島!25

秋はそこまできていますね。
ススキ26

こーんなの すきっ まるで・・・  スーモ?
苔玉27 すーも

ガレ場の下りで泣いてからというもの、ずーっとリベンジしたかった高千穂峰。
今回の感想はといえば・・・
「あれ? こんなんだっけ?」
と少々拍子抜けでした。
もちろん登りは大変でしたが、ちっとも怖くない下りは火山灰に助けられたところが大きかった。
膝も痛くなることもなく、ちょっとだけ自信がつきました~

登山道で出逢った花々
花11 花13 花23

ケバいアザミのような花 の茎、でけーーっ
花12 花の茎21 

遅咲きのミヤマキリシマも!
遅咲きミヤマキリシマ28

宮崎県 韓国岳

残暑お見舞い申し上げます

いつの間に?って感じで立秋も過ぎたけど、残暑厳しく忙しい日々にややバテ気味であり、ブログ更新も随分と間が空いてしまいました

2011年1月に霧島連山の新燃岳が噴火してから、およそ一年半。
今年の夏、2012年7月に閉鎖されていた登山道が一部規制解除され、
待ちに待った 霧島への山行を決行してきました

平成24年7月28(土)

久しぶりのこの時間からの行動開始で今回目指すのは 韓国岳
出発1

人吉あたりではどんよりしていた空も、トンネルを抜けると快晴~
えびの高原の駐車場に停めて8:30AMスタート
登山道2

硫黄山 ・・・ という名の丘?
硫黄山3

標高1200mくらいからの出発で、およそ500m登りあげる本日の山行。
まずは一合目。 う~ん、苔にソソられる
一合目4

登山道はこーんな感じ。運動不足の我隊の息は切れがち・・・
一合目登山道5

途中からはふたつの池が見えます。
右下の大きいのが六観音御池で、上方にちっちゃく見えるのが白紫池。(たぶん)
 ↓ クリックしたら全画面見れます。
二つの池6

五合目から見える雲の動きにしばし見とれました
五合目から7

しばし休憩したのち、また登ります!
ゴロゴロのガレ場は浮き石も多く歩きにくーい
けど、展望が開けてきてちょっとわくわく
六合目登山道8

八合目に登るころには、遠くに大浪池が見えてきました。
八合目9

こちらは大浪池の反対側の池。
ここは雨が降ったあとだけ水が溜まるそうです。
八合目反対側の池10

右に左に見える池を覗きながら進むと、頂上が近付いてきた

で、頂上とうちゃーく!!
頂上は1700m。ここまで二時間・・・とちょっと。
頂上からの眺めはあっち向いてもこっち向いてもイイっ!!
頂上11
 大浪池12

新燃岳方面 火口が見えるか? と皆さんガスが晴れるのを待ってる。
どれがガスか噴煙かわからないけれども、チラっと見えたよな・・・?
新燃岳方面13

こちらは反対側。 高度感ある眺めで、おケツがずーーん!
はじっこで記念写真を撮ってもらうも、立てましぇんでした
高度感!14

頂上で早めのお昼を済ましゆっくり過ごしたのちに、下りは大浪池から下山することに。
このうねうねの階段、こーやって眺めると実に面白いのですが、
膝に爆弾抱えている身にはなかなかクセモノでっせ。
大浪池へ下15

おっっ! この時期にミヤマキリシマと出逢えるとは~
ミヤマキリシマ16

事前作戦会議で隊長が口を酸っぱくして説明してたコトが馬耳東風だった。
私のアタマには、とりあえず大浪池!とにかく大浪池!しか頭になく

下っているときはまだしも、池の下の小屋を過ぎたのちは、展望もなく面白くもなんともない林の中のアップダウンの繰り返しで、ちょっと立ち止まると虫が寄ってきそうなので進むしかないっ

んでもって、こーんなズルっと滑りそな下りもあり
「ふぇぇ~~~ん」
下り登山道17

「だから言ったでしょ~~~がっ

と隊長は言ふ。 しかし私は聞いとらん。
つか右から左に・・・ でした

やっと平たんな林の道になったけど、景色は変わらず。(ノヨウナキガスル)
下り登山道18

やっとアスファルトの車道へ出て、鹿を眺めながら駐車場に戻ったのは午後2時でした。
この時期の山歩きは、日差しと暑さとの戦いですが、念願の韓国岳に登れたということで大満足

帰りに寄った、激熱ばーちゃん温泉「いこい荘」

激熱の泉質は疲れたカラダに心地よいのだけれど、風呂上がりの脱衣所はクソ暑い夏には死にそうな暑さ!
ココは冬に限るっ!! と実感しました土佐。ちゃんちゃん

宮崎県側~古祖母山

平成23年11月13日(日)

土曜日に登りたかったのですが、金曜の雨で日曜日に延期。
尾平越トンネルの宮崎側から古祖母山を歩きました。

午前5時半に熊本市内を出発、高千穂を通る頃には朝日と朝靄で幻想的な山々。
登山口に着くころには青く澄んだ空が。

見よっ これが晴れオンナの威力ぢゃ~~~

高千穂の山1 尾平越トンネルへ2

ありました 熊の目撃情報による注意喚起の立て看板。
よぉ~く読んで 午前8時20分に出発しました

熊出没3 出発4

尾根道へ向かう森林の中。
ところどころに紅葉が見えますが、ほとんど落葉してて明るく歩きやすい道です。
だらだら登りで思ったよりキツかったですが

尾根道へ5

ちょうど9時に分岐へ到着。 ふーーっっ
ちょっと風邪気味なのもあり、この時点でもう鼻ズルズル (お食事中の方すんましぇん!)

分岐6

落ち葉でいっぱいの アップダウンの続く尾根道を歩いていると
隊長が抜けがけ登山の時に見つけたという 噂の・・・

こ、こ、これ・・・爪痕っ!?

爪痕7
 爪痕8

どうなんでしょうねぇ~?
隊長曰く アイゼンの傷跡のようにも見える とのこと。
私テキにも 熊の爪痕だったらもっとえぐれているような気がする。
経年による木の成長とともに傷が盛り上がったのかもしれませんが。

気持ちの良い尾根道は続きます~
登山口で先に出発された方や 準備されている団体さんはいましたが
一緒になることもなく 歩いているのは我隊だけ。 静かです。

小一時間で展望台に着きました。

尾根道9 展望台10

景色を楽しみながら、しばらくおやつ休憩
ここからの眺めにしばし見とれます~

nagame

デカきのこ
鍋に入れたら何人前あるだろ?

特大12

9つはあるというアップダウンの最後から二番目(くらい?)のハシゴです。
2つを繋げてあるんですが、ちょっとグラっとするとビビります

②連ハシゴ13

この1年の山歩きで こんなとこも登れるくらいにヘーキになりました。(えっへん

頂上間近の大岩にて。
大岩15

ふぃ~~ばぁ~!

大岩14

とアホな記念撮影したのちに 午前11時頂上へ到着。

頂上着16

ふふふ この日のお昼ご飯はマジックライスの五目御飯とともに棒ラーメンに挑戦!
ちっこいコッヘルですが、ややゴーインに2人分作成。
食器までに手が回らないビンボーな我隊の食器は紙コップ。

汁ありまへんがな。 
昼飯17

後から到着された方々は 昼食後早々に頂上をあとにし、
我隊はのーんびり♪

下山途中に隊長が何やら発見!!
 ・・・じゃなく ちっこいネズミ。 まるまるしてます。
これならネズミ嫌いの私も怖くなぁ~い

出逢い18

下山するときは ワタシも多少周りを見回す余裕があるんです。
と言っても、もともと歩く速さが違う隊長とワタシ。
私のペースに合わせると身体が冷えるんだと。(毎度すんましぇんねぇ。。。)

あっ!! という間に置いてきぼり(泣)した後、先で待つ。

というペースで下山の我隊。
いたるところに魅力的な木々があります ← 巨木好き 苔好き
ますます置いていかれますぅ・・・

樹19 樹20

隊長が立ち止まった Fカップ

樹21

登山口到着は午後2時半。
今回の下山時には、心配した右膝よりもナゼか左膝が痛くなってしまいました。
う~ん 靴は早急に買わなきゃ。

祖母傾山系の山々は なんというか・・・ 静かです。
登山者が少ないのもありますが。
登山口に辿り着くまでが遠いので気軽に来れるところではありませんが
ぜひ!!また登りたいです

プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。