スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三県境 祖母山

7月23日(土)

暑い日が続く週末、祖母山へ向かいました。
初めてということで、今回は一番楽そうな?北谷コースで挑戦。
午前4時過ぎに出発し、高森経由で北谷登山口を目指しますが・・・
ウワサには聞いていましたが、ガタガタ道に加えて車の底を擦るという、運転手にとってはまー大変な道でした
(助手席で写真撮るもご覧の通り・・・

ループ橋1 北谷登山口へ2

やっと辿り着き、まずはおーきく背伸び!! で、登山口を出発したのは午前7時前。
風穴コースを登ります。
沢の水の勢いと滑る岩に、早くもビビります
しかし、ここを渡らないと上へ行けない・・・

「落ちても死にゃ~せん!」

という、隊長の温かくも?心強いお言葉に励まされ、何とか渡りました。

風穴コース3 沢を渡って4

森の中はわりと涼しいけど、、、むっ、むしがぁぁ~~~!!
なんかちーさなヤツが目の前をぶんぶんしてるし(汗)
もちろん、ミントスプレー大活躍!
しかし・・・ この先で登山道を見失ってしまいました。
踏み跡を探せ~! テープを探せ~!
見つけたのは鹿であろう蹄のついた踏み跡。いつの間にかそれを追っかけてました
結局わかるところまで戻り、無事登山道へ入りました。

登山道5

スズタケのトンネルに朝日が射しこんでいて綺麗です。

登山道6

ふと、ひんやりした風が・・・!
そう、『風穴』です。
残雪か氷が残ってるかな?と期待しましたが、中は真っ暗で入るのは怖くて断念。

風穴7 風穴8

歩きにくい上りの登山道が続きます。
岩清水で滑りやすくなっている急斜面の岩を登っていた隊長がっっ!!!
ぶら~~ん!とロープにぶら下がってる

思わず手を伸ばすも、何の役にも立ちませんでしたが。
もー滑り落ちてくかと思った・・・

隊長が偵察隊で前を歩いてくれるので、それを見てる私はズルコケることなく歩けます(謝謝)
・・・のはずでしたが、私もずるっ!と右半分がドロだらけ~になりました(泣)
まるで ウ○コみたいなドロの色に泣きたくなります。。。

もー ハーハーゼイゼイ・・・と余裕なくひたすら歩いていたら
「花が落ちてる!」
これって、オオヤマレンゲ?

登山道9 オオヤマレンゲ10

登山道には名も分からない花が咲いています。

花11 花12

ちょっと展望がよい場所がありました。
岩の下は崖なんですが・・・(汗)

展望15 展望14

その岩にしがみつきながら頑張って撮った、崖の途中に咲いていた花。

花13

頂上が見えて、ちょっと元気が出てきた

頂上へ16

頂上到着は午前10時半。
ひぇぇ~~ 三時間半、みっちりかかりました。

頂上17

頑張って登ったのに・・・ガスで真っ白
トンボが邪魔なくらい飛んでるし、しばらく待ってたらかろうじて天狗岩がうっすら見えた。

頂上ガス18

頂上で早めの食事をし、しばらくあっちこっちにウロウロするけど
残念ながらガスはスカっと爽やかには晴れてくれず。。。

と! 着替えた隊長の白いシャツ目がけて虫が寄ってくるっ!!!
黄緑っぽいカメムシみたいなのや、ヘンなのや~
写真に撮ろうかしたら、モタモタしてるうちに逃げちゃったわ。
先日くじゅうで見かけた「アサギマダラ」が羽ばたくことなく、
まさに風に乗って飛んで行きました。
う~ん、長距離を渡るのもうなずけます。


景色は諦めて下山です。 下りは千間平コースを選んだのですが・・・
滑りやすい下りで展望もなく、ひたすら歩く!!

「どんなトコだろう?」と、山小屋へ立ち寄ったあとは、
こーんな道がず^っと続きます。

山小屋から国観峠へ19

ちょっと開けた国観峠。 お地蔵さんが見守ってくれてます。

国観峠20

大分県、宮崎県、熊本県の三県境へ到着。
「ふー・・ん」って感じ(笑)

三県境21

千間平。
そんなに広くはありませんでした。

千間平22

もくもくと変化のない道を歩き、もうすぐ登山口へ到着です。
こちらのコースにはこんな標がずっと立ててありました。

道標23

下りの感想をひとこと・・・

つまらーーん!!!

下りのレポがかなり雑になっちゃってます

一回行ったらもういいや~って思いました。
次回ここから登る時は、風穴往復かな? 次があれば(笑)

登山口で着替えたのち、また車のオナカをずーずーっと擦りながら、次のお目当て『三秀台』
ここの鐘を鳴らすのです!
鎖を引っ張るも、カーン!!と鳴らすのはなかなか難しかった・・・
三秀台から祖母山の左端にポチっとした山。
「なんて山だろう?」 ⇒ 「チクビ山?」と隊長が命名。
のちに「筒ヶ岳」であろうと判明。
ここ、三秀台で思いがけない情報をゲットしました。
来年の春にまた訪れて素敵な出逢いがあったら、その時にご紹介します

ウエストンの鐘24 三秀台から25

登山道にも集落の道にもホタルブクロやいろんな花が咲いていました。

花27 ホタルブクロ26

三秀台にて キスゲ(ユウスゲ?) とヤマジノホトトギス(だと思う)

花28 花29

北谷コースながらも、祖母山頂上へ行けたということは嬉しくもあります。
登り始めから下山まで、すれ違ったのは16人。
皆さん、早い早い!! 
他ルートは?天狗岩は?障子岳は?
いずれ再チャレンジの可能性も考え、先日の反省会及び作戦会議も終了。
この暑い時期に、あといくつ山を歩けるかな~


コメントの投稿

非公開コメント

No title

三県境でこのルートを思い出しました。
楽ちんコースでも良く頑張りましたね♪
アケボノツツジの咲く時期に再度チャレンジされてください。
手の届く小木や大木も有ります。

良い思い出が涌いてきました♪
これからも沢山歩かれ楽しませてくださいm(_ _)m

偵察隊の隊長です!

風穴コースは楽しかったですね。
岩で滑ってぶら下がった時よりも 道迷いのときの「鈴の音」の方が怖かったです。

私が偵察中に、鹿の足跡しかないなぁと思って尾根を見上げてたら、
かすかに 鈴の音が聞こえました。 チリン チリン ぞ~っ!v-40

出たぁ!と思い、「下るぞ!」と一気に元の道に戻ったんですよ。
迷子の猟犬か?***か? 山は恐ろしい。v-12

本日 豊後高田市役所に仕事で行った帰りに、尾平の登山口見てきました。(仕事ですv-221

見上げた祖母山系は 別の山のように凛としてました。
傾山なんて、あーた(あなた)・・・ カッチョ良かったですぜ。
古祖母山も 登って!とウィンクしてました。

目指せ 日帰り登山の繰り返しで縦走達成!

穏やかな山

暑そうですが、穏やかな山だったようですね。
九州の山は、地名がピンと来なくて、ごめんなさい。
でも、楽しそうですね。

Re: No title

九ちゃんさま

こんにちはv-290
九ちゃんさんもこのルート、登られましたか?
どの辺を歩いてるのか?ようわからない単調な歩きの道よりは、
多少キツくても、眺望がきく道の方が疲れも吹っ飛びます。
大きな紅葉の樹もあり、季節によって花や紅葉が楽しめそうですね。
楽ちんコースでも、風穴の下りだったら私は泣いていたかもしれませんe-351

また綺麗で繊細な写真、見にお邪魔しま~すe-343

Re: 偵察隊の隊長です!

隊長さま

祖母山登頂、お疲れさまでしたv-290
v-356 鈴の音??? ぜーんぜん気付かなかったが・・・
だから引き返すのが機敏だったか~
偵察先発隊になると、いろんなことが体験出来ますね(笑)
不覚にもガケにぶら下がった影響は大丈夫でしょうか?
年齢的にも今日あたり筋肉痛では? ぷぷっ

仕事の合間の偵察もご苦労さまでした。
つか、その凛とした祖母山系の姿、私もぜひ見に行きた~いですv-355

Re: 穏やかな山

devilmanさま

こんにちは。
森の中は強烈な日射しが届かず良かったのですが、
風がなくなればムシムシと暑かったです。(まー夏ですから・笑)
日本百名山ということで一度は祖母山に登ってみたいと、
私向きコースで行ってきましたv-290
風穴コースはキツくもあったけど、なかなか楽しかったです!

祖母山って、私的には地味~な印象があるのですが、違うコースで登ると
百名山となった意味がわかる。。。らしいですので、
またいつかチャレンジしてみたいと思っています♪

県境の夏山

 東北の山行から戻り お元気な様子拝見しました。
岳友の間では「九州の姥ヶ岳と呼ばれる滋味深い山」と
聞いています。

 頑張ったのに眺望が拓けずちょっと残念、
それでも登った後の満足感は十分にあると想います。
また次の山行を楽しみに待っています。

Re: 県境の夏山

俄歩人さま

こんばんは。
東北を登られてたんですかe-451
さすが!行動範囲が広い~~ お疲れさまでした。
「姥ヶ岳」 早速検索してみました。
緑が濃く雰囲気が似ているような・・・?

今回宮崎側から登った北谷コースよりは、
大分側からのコースが祖母山の良さがわかると聞きます。
隊長が早速登山口まで偵察に行ったようで、
話を聞けばすっ飛んで行きたくなります(笑)
今回よりはより険しく長時間の山歩きになるので、
気合入れて体力つけて、またチャレンジしたいと思っています。
次回こそは!頂上からの眺望を期待したいのですが、、、(笑)

俄歩人さまの東北山行レポも楽しみにしていますe-343


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

今日から八月  早いですね~
朝早いうちから山駆け頑張っておられますね
山の草花たちに出会えたときにはほんとに嬉しいと思います
ずいぶんたくさんの花に出会えましたね~
何日かかけて何度も確認してみたのですが・・・わっかりましぇん・・
でした~
あのミヤマオダマキみたいな花(12)・・葉っぱが全然似てないし~
イワギボウシ(13) ユウスゲ(29)・・之、実生でいくらでも生えるの
で増えすぎます。ヤブカンゾウ(27)増えすぎ~・・でもきれい
何年も前ですが熊本の深い森の中で狐のカミソリの大群落を
見たことがあります。
今もありますかどうか・・一緒に蔓リンドウやアケボノ草などたくさん
咲いていました。

Re: No title

みーさま

さすが、みーさん! 
稚拙な写真なのに、教えて頂いてありがとうございますe-466
山野草は種類多く、似たような花々も多く、
ぜーんぜん見分けられませんe-330
今回も知っていたのは、ホタルブクロとユウスゲくらい(汗)
けれども、名も知らぬ花の美しさには思わず足が止まります。

キツネのカミソリ、これも他の方のブログで知った花です。
写真でしか知らないので、実際にこれがそう!
と気付く自信はないのですが(笑)
熊本にもあるんですねぇ~~~
たくさんの山野草が盗掘されていると耳にし、
ブログ等で具体的な場所等を口にしづらく思いますが、
ウロコロしてたら、どこかで見かけることもあるかも?
と思うのもまたワクワクしますe-446





> 朝早いうちから山駆け頑張っておられますね
> 山の草花たちに出会えたときにはほんとに嬉しいと思います
> ずいぶんたくさんの花に出会えましたね~
> 何日かかけて何度も確認してみたのですが・・・わっかりましぇん・・
> でした~
> あのミヤマオダマキみたいな花(12)・・葉っぱが全然似てないし~
> イワギボウシ(13) ユウスゲ(29)・・之、実生でいくらでも生えるの
> で増えすぎます。ヤブカンゾウ(27)増えすぎ~・・でもきれい
> 何年も前ですが熊本の深い森の中で狐のカミソリの大群落を
> 見たことがあります。
> 今もありますかどうか・・一緒に蔓リンドウやアケボノ草などたくさん
> 咲いていました。
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。