スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本県 鞍岳

平成23年1月22日(土)

かねてから雪がたくさんある山に行きたいと言ってたのですが、今年は特に雪が多いらしくてノーマルタイヤでは登山口までも行けない状況の中、旭志にある鞍岳を下から登ってみようということに。
鞍岳のふもとにある『旭志四季の里』という温泉&キャンプ場の駐車場までは除雪してあると聞き、ここに車を停めて、午前10時20分に出発です。
駐車場から少し歩いていくと、森林コースの登山口へ到着。
ここもうっすらと雪が残っていました。

登山口10:22AM

森林の中を歩いていくと、雪がどんどん深くなっていきます。
まるで別世界へ紛れ込んだような景色。

林道へ

分岐

アイゼンなしの靴で、滑らないように用心深く進みます。
登りでけっこうキツいところもあったのだけれど、この景色と雪にテンションは上がる上がる
真っ白なトンネルを進むと・・・先が明るい!もうすぐ頂上かぁ~?
 
雪のトンネル

ポカっと広場に到着です。まずは女岳を目指す。
こんな景色初めてだぁ~~~
踏みあとがない真っ白な雪に思わず、だぁぁ~~いぶっ
場所によっては膝まで雪に埋もれました。

女岳からの眺望

女岳頂上

さて次は鞍岳頂上へ。
遠くに見える阿蘇の山並みも白い。
ここから背の低い木々の白いトンネルをくぐり最初の広場へ。
ほっかほかのカップ麺とコーヒーでまったり~♪

鞍岳頂上

顔を近づけて見ると、太陽の日射しでキラキラ・・・光ってる

雪!

帰り道で見つけた『なんちゃってエビの尻尾』
いや、ただ雪がくっついてるダケ

エビの尻尾??

帰り林道に出たところで、ちぃーっとばかし冒険!?
林道に少しばかり踏み跡があったので、様子見にちょっと回り道。
雪の中を歩くのがこんなに楽しいなんて~
登山口まで戻ると、つい今しがたまで歩き見てきた景色が現実とは思えない。
駐車場に戻ったのが14時半。
座って靴を脱ぎながら見上げると、さっきまでいた山がちょっと遠くにありました。

駐車場から見上げて

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして、こんにちは

 お子さん達に手がかからなくなって山を楽しまれ始めたようですね。乾杯!
私の妻も20年ちょっと前、息子達が大学生になった頃から私と山行を共にするようになりましたが、
歳とともにまた自分の趣味の世界へもどってしまいました。
 いまは妻や息子達夫婦に「気を付けてね」と言われながらもひとり静かな山歩きを楽しんでおります。

 一歩ずつ一歩ずつ高みを目指し、ふだんは見られない自然に身を委ねる楽しみ、
そしてそれがまた、お仲間や山野草、風景とともに思い出として残される・・・、そんな日々を共に
エンジョイしましょう。
 拙ブログへのご訪問ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。(俄歩人)

Re: はじめまして、こんにちは

俄歩人さま

ご訪問ありがとうございますv-290
やっとここ何年かで自分のやりたいことを楽しもうという気になってきました。
単独での行動も気楽で良いのですが、やっぱり共感出来る相棒がいればなお楽しいですね。
今は人の後をくっついてってますが、いずれは独り立ちしなくちゃいけない時がくるでしょう。
けど山歩きを通して、距離や世代を越えて交流するのもまた嬉しいことです。
歩き出したばかりの若葉マークe-179ですが、こちらこそ宜しくお願いします。
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。