スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分県 中岳

平成23年4月10日

金曜日の雨で土曜日の山歩きは断念。
前回と違うルートを歩きたくて、大曲登山道からまだ登ったことのない中岳へ行きます。
『すがもり小屋』『法華院山荘』
以前、雪の時期に法華院~久住山に挑戦した隊長の話で印象に残ってて、どーしても行きたかったんです。

午前5時起床~・・・の予定でしたが、はやーーく目が覚めたらしい隊長に4時に起こされた。。。(遠足前日の子供かっっ!)
ということで5時過ぎには助手席に乗って出発です

『寝とってい~よ』

と言われても、この景色の山道見たら、寝れましぇ~~ん


くじゅうへ1

8:37AM 大曲の登山道から出発です。
えっっ おそいって?
ハイ、駐車場にはもっと早く着いていたのですが、早起きのし過ぎで約一名「ちょっと寝たーい!」と申しまして、、、結局30分ほど車中にて仮眠取りました。

大曲登山口出発2

クマザサの道 ちょっとぬかるんでるところが・・・

笹の道3

コンクリの道に出ると、視線の先には三俣山

三俣山です4

っと・・・ ひぇ~~ 崩落で道がふさがれてる!
石の上をてくてく

土砂崩れ5

おぉ~~~ 憧れの硫黄山!!
『落石多し。この場所では休憩しないでください』
ということで、ここまでで左へ軌道修正し、すがもり小屋を目指して岩の道を登ります。

硫黄山通行止め6

着きました!!
『愛の鐘』をごーーん いや、かーーん

愛の鐘?7

すがもり番人(番犬?)が・・・

すがもり番人8

久住山方面へ
すれ違った仲良しカップルはお手々繋いで法華院へ向かっていました♪ いいなぁ

分岐 久住山へ9

ここからも硫黄山の噴煙が!
こんなに近くを通れるとは思ってなかったので、嬉しい~~~♪

硫黄山10

避難小屋までいったん下りましたが、アテにしていたトイレは冬期は使えず。
牧ノ戸登山口には張り紙がしてありましたが、大曲にはなかったぁぁぁ~~~
リサーチ不足でした(泣)
ここですでにオナカがぐーぐー!
久住分かれでちょっとオヤツ休憩して、今回は御池を通って中岳へ。
ここで元気のよい若者軍団と一緒になり、彼らのペースに巻き込まれ進みます!
タイツにスカート姿の女子はスタイルがいいなぁ~ アシ細っ!
彼女らの後ろをたまたま(なのか?)歩いていた隊長は
大きい岩を乗り越えたときに、「見たでしょーー」テキな視線を浴びてました


久住分かれ11

御池12

11:32AM 中岳頂上に到着

中岳山頂13

頂上でお昼ごはん

お昼~14

30分ほど休んで稲星分かれへ~ サバイバルな下り!
ちょっと怖かったぁ・・・

坊がつるへ下り15

下ったところに分岐が。 坊がつる方向へ行きます。
まだ雪がところどころに残っていました。
我らよりすこーし年配のお母さんが、さっさと下る息子さんを追いかけて頑張って下りていました。
しかし若者と同じペースでこの下りは酷です。。。

分岐16

残雪17

下りがけっこう大変
途中、登山道が崩落していて、みっ道がない!迂回路となっていました。

崩落18

2時間近くかかってやっと白口谷登山道へ出ました。
ここから法華院山荘はすぐ!

白口谷へ19

これがウワサの法華院温泉山荘
一度は泊まってみたいものです~♪
ここのベンチで靴脱いでコーヒー飲んで、まったりと休憩♪
先ほどのお母さんもなんとか無事に下られたみたいでした。ほっ

このとき、ここで山荘で宿泊されたか休憩された人なのでしょう、
「ザックがなくなった」というビックリな事件に遭遇。
「ザックを2つ持った人見ませんでした?」と聞かれたけど
うーむ、先ほどのお母さんと山荘のスタッフさんしか見てません。
「そんなこともあるのねぇ・・・」と、なんとも後味悪い出来事でした。

法華院山荘20

20分ほど休んで出発!
すがもり目指すぞぉ~~~! と気合を入れるも、
目の前の登りにふぅ~~~っと小さなため息。。。
さて、登りきるのにどのくらい時間がかかるのかしら?
もしかしたら、日が暮れはじめてしまうかなと、隊長もちょっと不安そう。
横の水路にはコケ?? いや 藻 かなぁ?

すがもり目指して21

苔?藻?22

30分ほどで北千里へ到着です。
2人ともすがもり小屋を見上げるところまでくると、ちょっとほっとしました。

北千里23

すがもり小屋にはもう番人はいませんでした。
そこからは順調に下山、登山口に到着したのは4:10PM
8時間近くの滞在で、満喫しました~~♪
三俣山にも登ってみたかったケドね

登山口到着24

牧ノ戸峠駐車場にて、眠いっ!という運転手(子供)を車に残し、
1人展望台まで行ってみました。
三俣山があーーんなに遠くに!

おまけ

子供が遠足の前日にはしゃいで眠れないように、隊長も前夜は眠れなかったようです。
しかも長時間の山歩きでよけいに睡魔が・・・
遊び疲れた子供が、帰りの車で爆睡するのと一緒のようです。
今回もお疲れさまでした~


コメントの投稿

非公開コメント

心せかれる九重連山!

 こんにちは

 木々の生えないいかにも九州の峰らしいドーム型、
たおやかでおおらかな山塊ですね。
蒼穹下の中岳山頂、春霞のなかながら、眼下の坊がつるをはじめ、
周囲の峰々の眺めは素晴らしかったことでしょう。

 三俣山の一葉は 旅情を感じさせてくれます。

Re: 心せかれる九重連山!

俄歩人さま

コメントありがとうございます。
くじゅうは何度行っても飽きることがありませんv-290
この時は三俣山にすぐ手に届きそうな道を歩きましたが、欲張りは禁物です(笑)
まだあれこれ追っかけ的な山歩き一年生ですが、ミヤマキリシマの頃のくじゅうはぜひ歩いてみたく、楽しみにしておりますe-420
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。