スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願叶って 祖母山黒金尾根~宮原

平成25年9月21日(土)

日曜日に念願の黒金尾根と天狗岩を歩く予定でした。
三連休前日は何度も天気予報をチェックするのだけれど
どーも天気が思わしくない。
いや熊本市内は晴天なのだけど、祖母山近辺が・・・アヤシイ(泣)
私は希望的観測を持って、降らんのじゃないか?って思ってた。
そこへ一通のメール・・・

『祖母山は雨が降りそうなので、人吉の市房山へ変更!』

ガーーン!!

天気予報外れるし~もしかしたら降らないかもよ? ←ココロの声

雨で濡れた岩場は初心者である私には不安がいっぱいだし
雨の中、急坂が続く宮原からの下りはズルコケること必至。
隊長の心配はごもっとも。
引率する方だって大変なんだよね。。。 うっく

けどね、10月はいろいろと用事が入りそうで
近場はまだしも登山口が遠い山へ行けるかどうかわからないのよ。
降っているならまだしも、この前みたいに曇りのまま持ち堪えてくれるかも?
うじうじうじ・・・

『よし、わかった 行こう!』

やたっ!消えかけたローソクの火がぱっと燃えだした
みたいな気持ちで、晩ご飯を食べたのち出発、高千穂道の駅で仮眠をとり午前5時半に尾平に到着。

隊長のタイムスケジュールでは午前5時過ぎには尾平登山口を出発し、
最後の川渡りを終えたところで夜明けを待つ予定でしたが・・・
逆算が甘くちびっと遅れてしもた。

午前5時35分。 月明りに照らされる天狗岩
夜明け1

さーー行くバイっ!!

夜明けとともに出発する我隊をイガグリがお見送り
スタート3 栗2

夜明け 祖母山には雲が。。。
スタート4

前回下見に来た川渡りを終え、隊長が「あれ??」
黒金尾根に向かう登山道の大木が2本倒れていて塞いでいます。
仕方なく斜め急登りで倒木を回り込み、初っ端からゼィゼィハァハァ

噂通りの急登りですねぇ~~~
息を切らしながらもこんなん見っけました。(サルノコシカケ?)
700M5 腰掛け?6

700Mから800Mへ 100メートル登ったよ~~
800M7

まだポーズ付ける元気があります!
川を渡ってから50分かかって900M。(ちびっと休憩アリ)
800M8 900M9

登りがキツいので、途中水分補給しながら登ります。
しんどいけど、周りを見渡せば素敵な森の中
スタートから約1時間半。 1200Mまで来たぞぉ~♪

大きなツガの木やブナの木に覆われた祖母山の原生林
と、シコクママコナ。
1200M10 シコクママコナ11

1300M少し手前から祖母山を見るけど・・・雲乗っかってるー
1300M手前12

まだまだ登りは続きまっせ~~
1300M13

天狗の水場の到着。
エネルギー補給するばいっ! と、ザックを下し大休憩。
赤だしなめこのお味噌汁と白飯マジックライスにごま塩の塩分た~~っぷり朝ご飯

今回は大量の汗をかくことを予想し、お味噌汁やスープを多めに持参。
軽量化を考えてフリーズドライのヤツですがなかなか美味

アタマ隠して隠さず? 水を補給中の隊長。
天狗の水場14

じゃーーん!! 隊長の 神の杖 
由布岳山開き の時のよ~~ん
神の杖15

水場でゆっくり休んで元気回復の我隊。
パワー満タン、さーー頑張ろう!
それにしても、登ってくる人だーーれもいないね。

水場のすぐ上にある天狗の岩屋。ここネズミがいるってほんと?
天狗の岩屋16

うんしょっ! 岩屋を持ち上げてるつ・も・り。
天狗の岩屋17

おーー ここが苔の道かぁ キツいけど素敵な道 なんか咲いてるし
苔道18 花19

やったーーっ  縦走路に出た!
10:45AM うわ、隊長の予測タイムにほぼぴったし!さすが~ とヨイショ
縦走路20

さーー ここで作戦会議。これからどうする?
予定では天狗岩に行って祖母山へ登るはずでしたが、
出発が遅れて時間が押しているし、尾根はガスが出てる。
天狗岩に行ってそのまま黒金尾根を下ろうか?
とも考えましたが、ガスの中じゃ天狗も見えるかどうか・・・

天狗岩方面はご覧の通り真っ白なの~(泣) わかる?
tenngu

展望所でもご覧の通り真っ白。 隊長、ポーズが中途半端!
展望所21 展望所22

よしっ 祖母山に登って宮原コースを下りよう。
あれもこれもって欲張れるほど、時間も脚力体力もありませんものね。

ガスで見えぬ祖母山を目指して歩きます。
祖母山へ23

途中天狗の方を振り返るもご覧の通り。これはこれで素敵な眺めですが。
天狗岩24

祖母山へ近づくと少し晴れ間が出てきました。
頂上直下の急登りに備えて、大岩でしっかり休憩して展望を楽しみました。
岩登り25 縦走路26

最初のハシゴ。これは難なく通過。
小ハシゴ27

噂のハシゴ場。 右側下は見たらイカンよっ!って隊長注意が。
(そう言われると・・・見てしまうったいー
直下ハシゴ28

私的にイチバン難儀したところです。
ロープはあれど、足場が・・・岩に足掛けても滑りそうで怖かった
ロープを掴むも自分の体を引き上げれるほど握力腕力ありましぇん。
つか私の手足が短いのだ。
文字通り、這いつくばって登りましたわ! 泥だらけ~~もなんのその!

腕じゃなく足で登らんかーいっ!!ってそう言われてもぉ・・・(泣)
ロープ場29

やっとのことでハシゴとロープの登りを終え、次は岩をトラバース。

いや、私はエスケープしましたわ。
けど、こっちもおっきな岩を登るのにまた泥だらけになったわさ!
おかげで腕がポパイになった気分、筋肉痛じゃ~~

這いつくばって登ってる目の前に、今年初のアキリンドウ
アキリンドウ30

12:37PM 祖母山頂上。
歩いてきた縦走路も天狗岩も見えず。青空のように見えますが雲の中なんだなーこれ
山頂31 展望32

山頂には7,8人くらいの方がいらっしゃいましたが、
我隊がここまでにすれ違ったのは一人だけでした。

よしよし、天狗を諦めたおかげで予定時刻に戻った。
今回は長時間の歩きに加え、登りも下りもハードなので
2度の経験をもとにした、隊長の計算によるタイムスケジュールがあり、
下山が30分遅れても、森の中は日没以前に暗くなるので

「時間の遅れ = 日没後の真っ暗な中の山歩き」

とならないようにしなきゃいけません。
下山途中でのヘッドライト装着は覚悟しておりましたが。

さっ 行くばい!

早々に山頂を後にしていざ宮原ルートへ! テント場へ続く道。
宮の原ルート33

1600M地点 縦走路。
1600M縦走路34

おや?少し色付いてる
紅葉はじめ35 花37

馬の背? 朽ちた丸太には乗らんようにね!
馬の背?36 

時折、高度感いっぱいであろう所(ガスで見えなかったのよ)を通り1400Mの分岐へ到着。
1400M分岐38

ここから宮原ルートの下りが待っています。
足がガックガクするのに備えて? おやつタイム
多量の汗で水分ばっかりとっているせいか、固形物に食欲が湧かない・・・

最近のお気に入り、今回もフルーツゼリーを食らう!
おや? カモシカのような?足には一列に並んだバカ! つか、草の実ね。
おやつ40 実?39

健男社神社から大障子を経て縦走されてるという男性お二人が登ってこられました。
この日はテント泊とのことで、担がれているザックがでかいし重そ~~
このデカいのを担いで、ハードな岩登りがあるという前障子~大障子を登って来られたのね!
人生のセンパイに脱帽です

パワーチャージを終えた我隊は、宮原ルートを下る。
ここでもデカいザックを担いて登る8名ほどの男性の団体さんとすれ違う!
今夜のテント場は賑やかでしょうね~~

タマゴの殻がないタマゴタケ?(違うかな) と レオパードな葉っぱ
きのこ41 レオパードな42

これでもかっ!! っていうくらい続く下り
黒金尾根と変わらないくらいの幅のある下りで足はヨレヨレヘロヘロ~。
指の付け根あたりの足の裏がいたーい。
なんかねー もう惰性で下ってる感じ。

大きな岩の上。ここでごろーーんと休憩。
滑石43

スズメバチが1,2匹 ブンブンとなぜか隊長に寄ってく。
隊長がウロウロしてるよ~ん。

あーー 700Mまで来た~ ほっっ
淵の冷たい水で顔を洗う。冷たくて気持ちいい~。
前回、隊長が単独で暑さ真っ盛りに歩いた時、
一緒になった関東の青年の一人がここに服のまま飛び込んだんだと!

よ~く見るとヤマメらしき魚影が。 日没前に吊り橋まで来れた。
淵44 吊り橋45

午後4時50分。 日没前に下山できました!
天狗も祖母山も真っ白。 テント泊の方々は雨に濡れてないでしょうか
到着46

今回、膝の古傷が悪化しないかと少々不安でしたが、
そーなっても後悔しない!くらいの覚悟で臨んだ山歩きでした。
午前6時から午後5時まで。
休憩や食事を入れたとしても、11時間の山歩き。
久しぶりに 歩いたぁ~!! 疲れましたが膝も大したことなく済み大満足の山歩きでした。
念願の天狗岩は次回のお楽しみとなりましたが、
それでも歩きたかった黒金尾根~宮原ルートが実現してめっちゃ嬉しぃ~です!
タイムテーブル作成に基づくペース作りと休憩、
それに細やかなガイドをしてくれた隊長へ、

どーもありがとうございました!!

コメントの投稿

非公開コメント

泣き落とし

泣き落とされ、行ってきました。笑

宮の原 ×
宮原 ○

A型なんで ゴメン。

隊長さま

早々のツッコミ ありがとござんすv-8
さっそく修正いたしましたわ。

いやいや、泣き落としした覚えは・・・ナイ
泣きそうにはなりましたが?

久しぶりの長歩きと急登り下りの山歩き、お疲れさまでした。
隊長の十分な下調べとガイドのおかげで黒金尾根ルートを歩けました。
次回は天狗岩目指して黒金往復か、もしくは障子岳~天狗で未踏のルートを埋める?

No title

つる姫さんこんにちは♪

汗と土にまみれ11時間も!
お疲れ様でした~(´▽`)/
いや、それにしてもお二人ともすごい健脚です!
途中ちょっとガスっちゃったけど、楽しそうな山ですね♪
ハシゴにロープにつり橋!?
アスレチックみたい~(^o^)
隊長さまの展望所のポーズは踊りですか?(笑)

いつも楽しいレポですね♪

補足説明

紅葉シーズンに行かれる方へ 補足説明です。

<補足説明①>
 700m看板手前「最後の渡河(2つ目の渡河)」したら 左上に
 進むのですが、大きな倒木が2本。登山道を完全にふさいでます。

 右側斜面に迂回するしかないのですが、テープがありません。
 また獣道(うじ)が多いので、登山道のピンクテープを上から
 探しながら迂回した方がヨカです。
 それと足元が滑ります。 ご注意を!

<補足説明②>
 黒金尾根と縦走路の分岐から祖母山方向に進むと、鞍部まで
 下りになります。その途中 一度行くと記憶に残る「下りにくいとこ」
 がありますよね。 少し勇気がいるところ。

 今回初めて気が付きましたが、う回路が作られてました。
 何度か歩いたのに全く気が付きませんでしたが、天狗から向かうと
 う回路入口には標識・テープありませんが、スズコ岩側へ下る感
 じの道があります。途中にはピンクテープありました。お試しあれ。

<補足説明③>
 祖母山頂上手前(最後の岩場)のエスケープルートですが、
 所々崩壊が進んでいて、逆に危険と思いました。
 素直に岩場を登った方が安全と思います。

 姫も思い込みで「怖い」と登りませんでしたが、慣れると2分です。

以上です。
 

No title

つる姫さま

おー。行ってきましたね。
懐かしく見させていただきました。
今は標高○○mの標識が立ってるんですね。
ハシゴもしっかりしたものがかかってるんですね。
私が行ってた頃は、右に斜めってて、とっても不安定でした。
たしか木製だったような・・・。30年以上も前の話ですから。

写真やレポから楽しさが伝わってきます。
いい物見せてもらいました。

次は祖母~傾縦走ですね。

No title

つる姫さんこんばんは
念願かなっておめでとうございます。(^o^)
名コンビの楽しそうな様子がよく伝わってきました。
でも竹田方面はあまり天気良くなかったようで、天狗岩には登れず残念でした。
またおいで!ということでしょう。
いつか、二泊三日の祖母傾完全縦走やってみたいですね。

祝!祖母山登頂!!

おめでとうございます!
念願の登頂を果たしましたねi-184

11時間の登山はブログでは伝えきれないぐらい大変だったのではないですか?
このコースが登れれば、どこの山でも怖いものなしですねi-179
お疲れさまでしたi-189

しばらくは、登山はお腹いっぱいだと思いますが、
登りがいのある私のおススメコースを紹介します(登ったことがあるかもしれませんが)。
次の目標にいかがですか?i-179

○黒岳 黒嶽荘登山口~前岳~高塚山~天狗岩~男池登山口
http://yamannchu.blog97.fc2.com/blog-entry-32.html

○傾山 九折登山口~坊主尾根~傾山~九折越~九折登山口
http://yamannchu.blog97.fc2.com/blog-entry-10.html

○大崩山 登山口~わく塚~リンドウの丘~坊主尾根~登山口
http://yamannchu.blog97.fc2.com/blog-category-25.html

mokos619 さま

コメントありがとうございますv-34

ここは近道なんてなく、どっち向いてもどう行っても段差のある急な登り下りが多いので、一度尾根まで登ったら歩くしかないっ!
いや、山歩きって結局そうなんですよね(笑)自分の足が全てですね!
あのハシゴにロープ場はねぇ、片側が断崖になってて滑ったら真っ逆さま~~~v-356の怖さがあります。
けど隊長曰く「何度か経験すれば登り方もわかってくる」らしいです。
今回私は高度感による怖さと緊張でガチガチになって登りましたわ(笑)
ぷぷっ あのポーズ、シャッター押すまでじーっと出来ない隊長でした。

隊長さま

補足、いつもありがとうございますv-360

登るだけで精いっぱいの私でしたが、ところどころは記憶しています。
(順番はバラケてますが・・・)
私も思い出しながら復習せねばですね!

補足説明②のところ、難儀しましたねーv-356
小学生の頃だったら飛び降りれたのですが(笑)
次回は迂回路に気付けますかな?
それから次は頂上直下の岩場登りに挑戦しま~す。たぶん・・・v-8  

目目連さま

コメントありがとうございますv-22

黒金尾根ルート、とうとう行くことが出来ました!!
標識は100Mごとに立っていましたよ。
目目連さまが少年の頃に歩き親しんだ祖母山、多くの人の訪れとともに登山道も踏み跡がちゃんとしていました。
(スズタケのビンタの洗礼は受けましたがー笑)
えっ・・・ハシゴは木製だったのですか??
しかも斜めってた?あの断崖で?? ひぇ~~v-12
年数ともに、より安全に歩けるように標識やロープやハシゴが付けられ、私のような者でも登ることが出来たんですね。 本当にありがたいことです。
祖母・傾をぐるっと縦走!!夢です。。。
一週間くらい仕事をお休みして山籠りしたいですv-290
まずは、小刻みながらルートを埋めたいなーと思っています。

山の石さま

コメントありがとうございますv-354

膝を壊してからは諦めかけたルートですが
やっと!!念願叶いました~v-408
そうですね! またおいで♪って言われていると思えば、またヤル気が・・・(笑)
天狗岩に登るためにも何度でも挑戦したいです。

祖母傾完全縦走、本当に!! 山の石さんもいずれ?
その為にも、小刻みにでも縦走路を歩いて繋げたいと思いますv-410

やまんちゅさま

うわーん コメントありがとうございますv-308

やっと実現出来ましたーー!
参考にと事前にやまんちゅレポを拝読したのですが、なんてこったい!ペースが全然違うっv-356
けど、アラフィフな我隊も頑張った!(笑)

えっ・・?ココを登れば、怖いものなし??
ふふふ、ではお次は色付きの文字大崩山をば!!

なーんて言ってると、隊長からデコピンされそうです。
「頂上直下の岩場を登ってから言えーー」って。

ちょっっ!
やまんちゅオススメコース、どれもハードぢゃないですかぁ~v-356
高所恐怖症なのをお忘れなく~(笑)
以前登った傾山は見立からのらくちんコースでしたが、
ガルモントでの初登山でマメが出来て辛かったという苦い想い出があります。
高度ある段差の大きい岩場は、私を連れていくのに隊長の最も懸念するところですが、ぜひ参考にさせて頂きます!!

こんばんは

念願かなって良かったですね~!!
自分も前回、祖母山山頂では霞んで視界が悪かったので、また近いうちに登ろうと思っていたところでした。
黒金尾根コースはまだ歩いたことがないので、
参考になりました。
楽しそうですね~

バボさま

コメントありがとうございます~v-353

ずっと歩きたいと思っていたルートなので実現して良かったv-352
日帰りでは無理かも?とか、頂上直下の岩場は無理!とか、長歩きで膝が壊れるゾ!とか・・・ 
これまでにあれこれ注意は受けていたのですが、これから日が短くなるのでその前にどうしても歩きたくて。
今回少々無理言っての山行でした。
また紅葉の時期にこの縦走路のどこかを歩けたらいいな~
尾平の登山口までが遠くて運転が大変ですが、
ぜひルート選択肢のひとつに入れてみてくださ~い。
静かな山歩きが出来る、祖母山系は大好きでこれからもたくさん歩きたいと思いますv-410

No title

膝、大丈夫でよかったですね。
けっこう長い時間歩いても大丈夫なら
安心ですね。
私もいつもゼリーを持って行きます。
つるんと入っておいしいですよね。

ブルさま

コメントありがとうございます~v-290

下りは用心のためにサポーターに加えてテーピングも施しておりました。
下山後が心配でしたが、足は筋肉痛で済みました。
それより岩場でしがみついたからか両腕の筋肉痛が・・・(笑)

ブルさんもゼリー持参されるんですね!
暑い時やバテて食欲が湧かない時に、食べやすいんで重宝してますv-353
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。