スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分県 中岳朝駆け チビっと尾平

平成25年8月3日(土)

暑くなる前に 朝駆けで山歩きしよう~

暗くなった頃に行商から帰ってきた隊長は休む間もなく、ハナキン(古っ)の夜から出発し、日付が変わる少し前に牧ノ戸峠駐車場に到着。

下界は熱帯夜だというのに、ここは19℃!! 涼しぃぃ~~
スタート1

空には満点の星~と天の川
けれども時々雲に覆われる。。。

この星空に誘われてすぐにでも歩きだしたい気持ちを抑え、まずは仮眠とりましょ。

2時間ほどは寝れたかしらん?
うむむ、窓の外で話し声とチラチラとヘッドランプの明かり・・・

もー 寝れんね。 と我隊も、午前2時半に出発することに。

空には三日月がぽっかり浮かんでいます。
時々立ち止まって満点の星空を見上げると、ひと筋の流れ星が見れた

ヘッドランプの明かりでの山歩き、見慣れた登山道も違って見えます。
コケないよう慎重に!
この星空を頂上に寝っ転がって見たいっ!!と秘かな思いで気持ちだけが先走ります。
池の小屋で休む? という隊長の言葉を振り切り

先ずは頂上へ!!!

御池あたりで「コッチ!」「いやアッチだ!」とチョっとしたスッタモンダがありましたが、午前5時に無事中岳に到着 

あ~~ 間に合ったぁ! 
中岳2

風が強い中、しばらく待つと空がほわっと明るくなってきました。
大船山下の雲がうねって流れるさまは、なんとも素晴らしい!
中岳3

天狗ヶ城にもたくさんの朝駆け登山者の姿が。
天狗ヶ城4

おぉぉ~~ きれいっ
夜明け5

夜明け
夜明け6

朝陽を浴びて~ぶいっっ
中岳の朝7

けど、すぐにガスがやってきた

池の小屋で朝ご飯
池の小屋

真っ白だぁぁ~~~
ガス8

避難小屋地点でも、下界は見えず。
避難小屋9

「ねむーーい・・・」 ということで、今回は中岳のみで下山開始。
隊長、なんしょっと~~~??    ハイ ポース
隊長14 隊長13

出逢った花々 (名前合ってるかしらん?)

オトギリソウ と ノギラン
オトギリソウ10 ノギラン12

ママコナ
ママコナ11

ワレモコウ と サイヨウシャジン
ワレモコウ15 サイヨウシャジン

シモツケソウ と ホソバシュロソウ 
シモツケソウ17 シュロソウ18

ゲンノショウコ と ヤマアジサイ
ゲンノショウコ20 ヤマアジサイ21

ギボウシ と ヒメユリ
ギボウシ22 ヒメユリ?23

キスゲ
キスゲ24

と、夏の花を楽しみながら午前9時半には登山口に到着。
うーーん まだ朝ぢゃん!(当たり前ダケド)
このまま帰るのもモッタイナイ! と隊長が素晴らしい案を出した

かねてから、行きたい!と申しておりました祖母山黒金尾根コース。
ここはいくつかの川を渡るらしいのですが、以前隊長がヌケガケ登山した時に増水した川を前に脱いだ登山靴を肩に掛け、裸足で川渡りをしたそうです。
なので増水してたら私は渡れんから無理!!と、最初の難関だと口を酸っぱくして言われていました。

そんなコト言われても・・・
見たことないから想像つかぁ~~ん

ならば!! そので確かめいっ!!

と、午後12時半に尾平スタート。目指せっ 天狗岩! 
尾平スタート25 分岐30


最後の橋を渡って~ ここからは未知の道。わくわく
橋26

最初の川渡りは楽勝~
イチの沢27

次はチョっと手強い・・・?

写真がボケてしもてナニがナンかわからんけど、けっこうな水流。
ニの沢28 

まずは隊長がお手本で渡り、そのあとを続きます!ひぇぇ~~

この時は思ったより水量がなくて、私でも無事渡れました
おっしゃぁぁ~~~!! イケるじゃん、黒金尾根!

いやいや、これから先がひたすら急登りの岩登りアリのハードなコースなんだそう。
7時間?8時間?何時間かかるかわからないけど、天狗岩と祖母山頂に挑戦したいっす。

今回はここまでで、河原でひとしきり遊んで帰りました。土佐

尾平で見かけた花
花31 花32

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
2時半発とはやりますな。
早起きの私もなかなか出発できない
時間ですわ。
でも、早起きした甲斐のあるすばらしい
景色でしたね。山の朝って体験してみないと
わからないですよね。
山、泊まりで行きたいっす。

No title

こんにちは♪

ハナキン!?の真夜中から行動した甲斐ありましまたねー!
朝もやのご来光、とっても神秘的です♪
一面雲の中から出てきたお日様、感動でしょうね(⌒∇⌒)
でも、夜中の登山道って暗いし虫とか動物とか出そうな気がしますが、
全然大丈夫でしたか?

朝駆け!

星空の中の登山は思い出に残ったんじゃないですか?
自分も一度やってみたいですi-179

その後に、尾平まで行くとは元気ですね。
祖母山は熊本からだと行くまでに時間がかかるのが難点ですねi-202

黒金尾根経由、祖母山登頂プロジェクトを成功させる日を楽しみにしていますi-184

ブルさま

こんにちはv-278

ははは、寝過ごさないよう前夜から登山口待機ですから!
あと一時間早く出発して、山頂で星空を眺めたいなーと思いました。
起き出すまでは、「あと少し寝たい・・・」という睡魔との闘いなのですが(笑)
山での夜明けの眺めは、それまでの疲れや眠気が吹っ飛ぶほど素敵ですねv-353

mokos619 さま

こんにちはv-278

空が明るくなってきたかと思ったら、あっと言う間の夜明けなんですけど
強風の中の雲が流れて行くさまはホント神秘的で、こんな光景が見れるってやっぱ早起きと頑張って歩いた御褒美でしたv-410

うふっ、ご指摘の通り、暗闇のヘッドランプには時々虫(蛾とか)が突撃してきます!
けど気温が低いからか、歩いているからか虫に囲まれることはありませんよ~。
この牧ノ戸からのコースは草藪が少なく、朝駆けする方々も多いので
野生動物とは遭遇しないようです。(イタチ?の糞は見掛けますが)
他の山、例えば祖母山系とかは野生動物の生息が濃いので、早朝でも遭遇する可能性が大きいですね。
現に隊長が夜明けとともに歩いた時は、登山道の真ん中に鹿が鎮座していたそうです。

他の山でも朝駆けしてみたいのですが・・・
野生動物といきなりご対面したら、ちょっと怖いですよねぇv-356

やまんちゅさま

こんにちはv-278

星空の下を歩くって、ホント素敵でしたv-353
ぜひ やってみてくださ~いv-290
朝ご飯食べてお腹が膨れたからか、眠くなったのですが
牧ノ戸に着いた頃にはチョっと元気回復しましたv-91
黒金尾根を歩くには川を渡らなきゃいけないって、以前から聞いておりまして
一度どんなもんか見てみたかったんです。

祖母山も北谷なら少し近いのですが、今は普通車は通れないみたいですね。
尾平は竹田から行くより高千穂から行く方が距離は近いのでしょうけど、
途中の道は竹田からの方がいいのかなー
どっちも夜中の運転は、鹿が飛びだしてきそうで慎重になりますね。
あ、私はまだ自分の運転では行ったことありませんが(笑)

黒金尾根経由祖母山登頂プロジェクト、すでに隊長がコースタイムスケジュールを作成!
あとは、私の体力気力と度胸だぁぁ~~~v-437

こんばんは

猛暑が続くこの季節、朝駆けの山は別世界ですね!!
もう3週も山頂に行けてないので、モヤモヤしているところに、
なんとも羨ましい素敵な写真。
朝駆けすると一日が長く感じるのわかりますわぁ~
もう一山行っとく!?みたいな感じになりますよね。(^^)

バボさま

こんばんはv-353

前回の雨の韓国岳、残念でしたねーv-292
4合目の宴会部長サンの姿・・・・思わずエールかけたくなりましたわ(笑)
次回はぜひ山頂でバンザイ出来ればいいですねe-343
眠くて下山したのに、帰るのはモッタイナイなんて矛盾(笑)
実は途中尾平の日陰でちょっと仮眠を取っての、黒金偵察でしたe-350
気持ちは急いても、身体は年に勝てず、年相応にお疲れなのでした(笑)

No title

つる姫さんこんばんは
よか山歩きですねー!
まだ、朝駆けは経験したことはありませんが、やはり涼しいのと朝日が昇る瞬間は最高なんでしょうね。
祖母山の尾平からのコースはまだ私も登ったことがありません。
頑張ってチャレンジしてください!!
もう少し涼しくなったら、俵山から冠が岳往復を考えている所です。
その時は詳しい情報教えてくださいませ。m(__)m

高千穂なう

日頃 働き者の私。
今晩から お一人様登山でございます。

高千穂道の駅で、
ほか弁ツマミに すでにビールは1.5L
もうすぐ 山崎12年に 突入です。

さぁ早く酔っぱらって、早く寝ないと
お一人様車中泊は チョッと こぇ~!

祖母山黒金尾根レポート ご期待あれ!

山の石さま

こんばんはv-280

この酷暑の時期の山歩きは朝駆けか早朝が一番です!
山頂での夜明けは、前の星生山に続いて二度目でしたが
その時々で、景色も色も違う素敵な夜明けでしたv-352
ちょっとクセになりそ~~!?(笑)

うわー 俵山から冠が岳往復ですか!!
涼しくなる頃には秋の山野花も楽しみですね。
私は二回に分けてのプチ縦走のみですが、何かの情報がお役に立てれば嬉しいですv-290

隊長さま

ちゃんと眠れましたかーv-8

山崎12年とは贅沢なっっ お一人様を満喫しとりますなぁ~ 
そろそろトイレで目が覚める頃じゃ?
ようわからん音や光にさえ反応する高感度の隊長ですから、この夜何かしらの出逢いがあったかしらん(笑)

この週末、私は涙をのんで任務に徹します!
山頂からのメール、指を咥えて待っておりまっせv-406

ヘロヘロ・・・

駐車場隣の関東から来ていた2人と
一緒に登ってきました。

黒金尾根は 初っぱなからキツく。
全員ヘロヘロ。元大学山岳部もヘロヘロ。

縦走路まで標高差1000mを登るのに約4時間。
全身汗まみれで 私は おパンツまで着替えた

夏山だから?
飲み水+食事で水4Lが厳しかった。
水場が多いので助かったけど

黒金よりも宮原からの下りで 膝痛の人多数
私も左右太もも激痛でテーピング。
下りは ヨボヨボじいさんでした。

関東君1号は、  
最後の渡河の時に 靴脱いで Tシャツのまま
川にダイブ!熱中症対策なのか?

関東2号君は、
こんなきついコース アルプスにも無い!
九州の皆さん ここ行ったら自慢してよいです
全国区でも 絶対上位とのこと。

隊長さま

任務遂行、お疲れさまですv-363
&黒金レポありがとうございます!!

壮絶な黒金尾根登山だったようですねv-356
隊長は今回二度目、確か前回はガスと雨でしたっけ?
その時その時で調子も変わるんでしょうねぇ・・・
今回はオケツは見られませんでした?(笑)

元山岳部の若者さえもヘロヘロとは、この酷暑の黒金は手強いですね。
私も歩けるうちに、一度は挑戦してみたいのですが、
俵山~冠の縦走みたいに、分割では行けませんものねぇ・・・(泣)
多方面に迷惑をかけぬよう、安全第一ではありますが
古祖母からの縦走も考えながらも、夢は捨てきれません。
写真を楽しみに、お帰りをお待ちしておりま~すv-290

No title

31,32
岩タバコの青紫の花 素敵ですね。
開花時期としては、ずいぶん遅いように思えますが・・
ジキタリスも咲いてるんですねぇ

No title

つる姫さま

尾平~黒金尾根コースは少年の頃通いました。
今は整備が行き届き俗化してると思いますが、昔は交通の便も悪く、静かな山歩きが満喫できました。

今はおそらくだめでしょうけど、つり橋の先の左岸側でテント張って、1日中水遊びをしたこともあります。

つる姫さまの記事を読むと、少年の頃を思い出しますね。

みーさま

コメントありがとうございますv-298

イワタバコとジキタリス、いつもながら花の名前に詳しさに感心していますv-352
どちらも青紫の鮮やかな色が目に留まりましたv-363
もう少し時期が早い花ですか。
平地よりやや高いところだったので、この時期でも咲いていたのでしょうねv-290

目目連さま

コメントありがとうございますv-22

えぇ~~、黒金コースも歩かれたんですね!!
しかも少年の頃!? う~ん、すごい!
竹田の方からは尾平までバスが出てるみたいですが、
熊本からはやはり車じゃないと何かと不便ですね。
登山道も今はある程度整備されているのでしょうけど
それでも700mからの登りはキツいと聞いていて、私には覚悟の要る山行ですv-408
そうそう、この時も沢遊びツアーらしき方々が10人ほど河原で遊んでいました。
テントも張ってあったから、もしかして目目連さんが過去に遊ばれた場所だったのかもv-290

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。