スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本県 雁俣山~京丈山

ゴールデンウィーク最終日。
くじゅう朝駆けしようか?
なーんて言ってたのですが、前日までみっちり任務を果たしてきた隊長の頭の中であっさりと行き先が変わった。
私はすっかり朝駆けモードマンマンだったのですがー

カタクリ、ヒカゲツツジ、運がよければ山芍薬
花を求めて、今回はカタクリで有名な雁俣山から初体験の京丈山を目指しました

平成25年5月6日(月)

出発したのは午前3時半。
吉野家で朝ご飯・・・つか、夜明け前のご飯をしっかり食べ、
二本杉峠には6時過ぎには着いていたのですが、ここでチョっと仮眠。
まわりで車や人の気配がする。 が、夢うつつでシャキっと目覚めず
駐車場には一番乗りでも、出発はビリっけつな我隊なのでした。

二本杉峠にある雁俣山登山口を8:10AMスタート。階段に息が続かん・・・
スタート1  階段2

やっと分岐到着。左側へ進む~
分岐3

う~ん、森林浴
新緑4

丸太越え! かるぅ~く ひょいっと
倒木5

今年初のご対面、カタクリの花
時間が早いからか時期が遅いからか弱々しく咲いてますぅ
毎年来ているわけではないけれど、来るたびにカタクリの花が減っているような気がする。

カタクリ6

近くには名もわからぬ花が・・・(相変わらず調べるのは後回し
花7 花8

カタクリの花を愛でたあと、でっかいヒメシャラの樹を通り過ぎて頂上への登り!
最初にここを登った時は、まだ自分が山登りをするなんて思いもせず
カタクリの花を見たついでに頂上まで行ってみっか?的な、ハイキング気分での運動靴でした。

雁俣山山頂。9:30AM   ヒカゲツツジもご対面
雁俣山頂9 ヒカゲツツジ10

頂上のヒカゲツツジも最盛期を過ぎているような感じ。
目立つ色ではないけど、ふわっとした感じのレモン色は綺麗です。
顔のまわりを虫がぶんぶん飛んでる。うざ~~っ
なので、休憩もそこそこに次の京丈山への縦走路へ進みます。

ヒカゲツツジの群生を抜け、どひゃ~~!と悲鳴上げる間もなく急下り!
登山道11

そこからの尾根道は、よく見れば両側が切り立った痩せ尾根なんですが、
木々に囲まれていて怖くな~い
登山道12

この縦走路を整備されているのを、以前ローカルニュースで見ましたが、
レスキューポイントもいくつか設置されています。
踏み跡もしっかりあるので迷うことよりも、尾根道の両脇は急斜面なのでコケれば大変

レスキューP13

黒原地区への分岐の看板。
ここからも行けるのでしょうけど、もう少し進んだ先にもう一つ黒原への分岐があり、
そちらの方が看板も登山道もしっかりしています。

しかし・・・古くて読み取り辛いなぁ
黒原分岐14

るんるん 気持ちの良い自然林の道。
登山道15

もう一つの黒原分岐。 帰りはこっちを下ろうね~
分岐16

今回京丈山の縦走路へは思いつきで来たので、詳しい下調べしていません。
ただ皆様のブログをざーっと流し読みしてきた程度。
私は雁俣山から先は、隊長は全く初めて歩く山なので、登山道の様子や距離感が掴めないままの山歩きです。
途中、単独登山の方へ道を譲るときにちょっと立ち話で地図を見せてもらい、黒原への戻りの道の様子などを教えてくれ助かりました。

コケだらけの木橋。
木橋17

登山道で出会った花  と、木の実??ボンボンみたーい
花18 花19

えぇぇ~~~?頂上まであと50分!!?
この時すでに12:00PM 2時間余り歩いてるのにあと1時間とな?
あと50分20

地味ぃ~にアップダウンがある登山道。
ヒーコラやっと登ったかと思えば、どーんと下ったりでバテ気味。
京丈山が近づく途中に咲いていたカタクリの花で束の間の癒しを~
カタクリ21

し、しかし・・・・ 途中から隊長の様子が変!?

日頃の不摂生?GW中の任務(お百姓さん)疲れ?マワシ増量に伴うヘタレ?
それとも連休前の仕事の疲れが今頃 キタ━(゚∀゚)━! って?
どーも 持病(G病とも言ふ) が悪化しつつある様子

この辺りでリタイア!! も考えましたが・・・
もう少し進んでみると言う。
苔生した石灰岩の森あたりまできて、隊長ギブ!

「ここで休んでるから山頂まで登っておいで」

という言葉に背中を押されて、ここから先は単独で。
と言っても、歩いてみれば20分ほどでしたが。

京丈山到着 12:45PM
山頂付近のカタクリの花は、雁俣山より少し標高が高いからか綺麗に咲いていました。
京丈山頂23 眺望26

山頂への道には色々な花々が
花22 カタクリ21
花28 花29

山芍薬とも逢えた 開花しているのはまだほんの少し、これからです!
ヤマシャクヤク24

これは・・・? 見事な葉っぱ!?
?25 花31

京丈山から平家山というところにも縦走出来るみたいです。
平家山縦走路27

山芍薬らぶ
花30 花32

隊長のところまで戻ってお昼ご飯~
私が戻るまで隊長はビスコで飢えをしのいでたって。 いや食べとっていいって!

しばらくコーヒーなんぞ飲みながらまったりしてたのだけど、
どーも足がちくっとする
膝の上の筋肉もパンパンに張ってたので湿布をした時に見たら・・・
うわぁ~~~ぃ 赤いポッチと丸くなった赤い腫れ?

毛虫? ダニ? ぞぞーーー ダニといえば感染症で亡くなる方もいたっけ。
痒くはないんだけど なんだろ?

隊長も少しは回復したようなので、さっさと荷物まとめて戻ります!
今度は地味ぃ~な下り、ズルコケないように歩くと、先ほどの黒原への分岐へ到着。
黒原へ33

下りの登山道は、直射日光にさらされることなく助かった。
登山道34

やっと集落?へ出たけど、沢へ下りる道は隊長がムリだというので
またまたアスファルト歩きです
二本杉峠へ35

てくてくてく・・・・・

どのくらい歩いたでしょう?
やっと見覚えのある道へ出て、二本杉峠まであと少し!と元気が出る

4:15PM 二本杉峠の駐車場へ到着~~
到着36

いやいや、前回の山裾ぐるっと一周歩きに比べたら楽勝~~
けどやっぱり足はパンパンでしたわ。

今回の反省。
思いつきの山歩きでも、やっぱり地図とコンパスは必須アイテム
体力充電に加え、運動不足と減量の重要性をヒシヒシと思い知った我隊でした
けど たーっくさんの花々との出逢いと、熊本県最高峰である国見岳までの縦走路という新たな目標が出来てわくわくする山歩きでした

コメントの投稿

非公開コメント

じぃ G 痔さん

そこのあなた!! 笑ってないで
ほぉ~ら よ~く思い出して。

あなたも大なり小なり、
この悪魔とお付き合いされた
ことあると思います。
あのイャ~ンな痛み。

それも登山中。
小悪魔だけど…超最悪・・
疲れが溜まると いけません。

姫を山頂に向かわせ、
平らな石探して、
ジッとするしかない。
本物のじぃーちゃんだったです
しかーし!
翌日にはv復活vなのでした。

隊長さま

先日はお付き合いありがとうございましたv-22

その後具合はいかがでしょうか?
予備知識がふっ飛んでしまうほど、登ったり下ったりでしたねv-356
読みが浅くてすみましぇん。。。
あのイャ~ンな痛み? 
悪化しないように、日常でちゃんと節制自粛してねー

思いがけず新たな楽しみv-300も発見出来たし、
次回はしっかり調べて地図持ってリベンジしましょーねv-353

No title

こんにちは☆

GWまたまた行かれたのですね♪
すごいです!
しかも3時出発なんて、パワフルっていうか行動的で羨ましいです。
さらにこの山、ロープがあったり丸太越えがあったり楽しそうですね(^^)
途中からの単独登山もすごいです。
えっ?隊長さん・・・・『ち』に『〝』がついたやつでしたか?(笑)
お大事にして下さいませ・・・

mokos619 さま

おっと、すごい偶然!同時コメ、ありがとうございますv-290

早く登って早く帰ろうと思っての夜中出発なんですがーー
結局寝過ごして出発は遅いし、戻りも夕方までかかっちゃいましたv-356
縦走路は思ってたより上り下りがキツかったのですが、
歩きがいがありました!

そぉ~なんです!!
去年アタリから なにやら『〝』が付いたヤツになったみたいですゾ
見かけは 超!頑丈そうな隊長ですが、意外とデリケートらしいです(本人曰く)

No title

葉っぱ よくみえず・・。葉の厚みや艶から見るとツルシキミ(ミヤマシキミ)のような・・

こんばんは

いっしょに歩いている感覚で拝見させてもらいました。
先日、自分も同じコースを初めて歩きましたが、踏み跡ははっきりしていたものの、
距離間をつかむのに地形図とにらめっこしながら歩きました。
山芍薬咲いてましたね。
自分がカストロ地形の岩陰で見つけた時には、まだまだツボミでした。

隊長さんも復活されたみたいで良かったですね!!
にしても、途中でギブされるほどのG。
経験はないのですが想像するだけで辛そうです。。。G

ダニで思い出した。

つる姫さま

マダニは無理に引き剥がしたり、焼き殺したりしてしまうと、口が皮膚に食い込んだままってことと、1時間に1回くらいしか呼吸しないってことです。

そーゆーわけで、サロンパス(薄くて4cm x 6cmくらいの)を貼り付けて、そのまま病院に行くと窒息死して簡単に剥がれるらしいです。
あとは処置してもらってめでたしめでたし。

No title

(8) ミヤマシキミ と書きましたがはっきりしません。
(18)も似てるような・・
(29)はミヤマキケマン

No title

(7)は腐生植物に見えますが・・
ヤマウツボかな?

お疲れ様でした。

記事と関係ないコメントでごめんなさい。
由布岳では声をかけていただき有難うございました。
また一つ、宝物が増えた気持ちです。
ところであの後は登ったのでしょうか?
私とノリさんはあの後、犬ヶ岳に登り、シャクナゲ観賞をしてきました。
急ピッチでレポートをまとめたいと思いますが、そのうち睡魔が襲ってきそうです。(笑)

みーさま

いつも花の名前を教えていただきありがとうございますv-353

ツルシキミ、ヤマウツボ、まさにそのようで!
山野草花の形や色や葉っぱ等々、種類が多くて似てるのも多くてなかなか調べるところまで行きつきませんv-356
みーさんの知識の広さにもう感心するばかり。
いつまでも他力本願ではいかんのですが、これからもどうぞヨロシクお願いしますv-290

バボさま

コメントありがとうございます!

バボさんのレポ、拝見しました。
写真も綺麗にわかりやすくて、見ててこちらも与井復習になりましたv-290
あの京丈山への縦走路はなかなか歩きごたえありましたね。
あのカストロ地形の岩群、他にもいろいろな花が楽しめそうですね。
ぷぷっ G! じーじー言うなっ!と言われそうですが(笑)
後で聞くと、あの時の隊長はかなーーりしんどかったようです。
けど私だけでも山頂に向かう時間をくれて感謝していますv-282
今回は隊長が京丈山の山頂を踏めなかったので、またぜひ歩きたいと思います。

目目連さま

詳しいコメントありがとうございます!

マダニ・・・怖いっすねぇv-356
知らなければつい引き剥がしたくなる衝動を抑え窒息させるとは・・・
この時は結局草というか苔?かぶれと、毒のひどくない虫さされだったようで、帰りに温泉入ってキレイにしてたら跡も消えました。
これから山も虫が多くなりますから、まずはお手製ミントスプレーを準備したいと思いますv-290

tsurikichi さま

由布岳山開きの朝駆け、お疲れさまでしたe-343
今日の思いがけないtsurikichiさんとノリさんとの出逢い、とても嬉しいです!
でも嬉しさでテンパってしもて、心残りがひとつ。
私も写真撮ってもらえばよかったぁぁ~~~ とくじゅうに向かう道中で気付きました(泣) 
あの後は・・・登山道を歩く人の多さに由布岳はまたの機会にして、くじゅう牧ノ戸から登りました。
まーくじゅうも中学生の団体や若者グループや家族連れ等々、人が多かったですが(笑)

えーっ 朝駆けに続いてあの後また登ったのですか!!? すごーっv-363
やっぱ、お二人ともハンパない体力ですねぇ~v-405
私はくじゅうで日差しの暑さと寝不足でバテバテでしたわv-356
私も今日のレポは明日以降ということで、今日は早々に眠りに落ちそうです(笑)
由布岳、犬ヶ岳レポ楽しみにしています!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。