スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本県 市房山

午前5時半集合ののち、朝日を眺めながら市房山を目指しました。
キツい!という話だったけれど、樹氷が見れるかも!!!
ということでアタマはいっぱい

出発6時

あ~ 近づいてきたぁ~ とテンションは上がるけど
走る車から撮った看板は見事に電信柱を写してました

看板~7痔50分

登山口があるキャンプ場へ向かう途中で第一村人発見
いや、人じゃない、キジが目の前をととと・・・っと横切ったぁ~

第一村人?

さて!今回はここから出発です。
キャンプ場から少し上がったところの登山口です。
コケと林の中という、出足からワタシ好みの風景の中を歩きます。

登山口8時40分

コケ道

少し行くとキャンプ場からの登山道と合流し、その先に見たものは・・・
まぁ~なんと! でっかい杉の木に思わず抱きつく!
デカい隊長も、この木とのツーショットではまるでツクツクホーシ!?でした。

大杉 つる姫ぢゃ~~

誰が彫ったのか、これまたでっかい石に『山』の文字。

山の文字

出発から15分ほどで三合目の八丁坂へ到着。
さぁ~ ここからがキツそう・・・

八丁坂

ニガテな階段をふーふー言いながら登ってやっと神社がある4合目へ着きました。
あっっ!お賽銭持ってきてなぁ~い・・・
けどしっかりと山歩きの無事をお祈りしました。

4合目 神社

ちょっと休憩したのちまた歩き出すと、途中の道から滝が凍っているようで、ながーい氷柱が見えました。

滝のつらら

途中はけっこうシンドイ登りでハシゴがかかってたりもしたけど、4合目からちょうど1時間ほどで6合目へ到着。
ここにも巨石が!

6合目10時

ここは7合目。
ヘロヘロになりながらも、短い休憩をこまめにとってなんとか進みます。

7合目10時半

だんだん周りの木々の種類が変わってきたみたい。
8合目あたりには霜柱やシャーベット状になった残雪の道が。

霜柱

8合目 11時

やっと9合目!!! 視界がひらけてきたぁ~~
さ、さぶいっっ

9合目 11時20分

やった! 樹氷だぁぁぁ~~~~
これがエビのしっぽ? ・・・なんだろうな
きれい。。。 この景色にめっちゃ感動です。

えびのしっぽ?
えびのしっぽ2
樹氷

がぜん元気が出た我らは、「頂上まであと5分」のなんちゃって頂上の看板を過ぎ進みます。

頂上への道

頂上着は11時45分。
みっちり3時間の行程でした。 下のキャンプ場からだったら4時間はかかってただろうなぁ

頂上着!11時48分

風がびゅーびゅー吹く中で、シートを広げて温かいカップ麺をすする。。。
霞んで眺望はよろしくない。。。 どんなに目を凝らしても周りの山も見えない。
けど!!! 目の前を雲(霧?)が流れているじゃない♪
それはまさしく別世界の風景。幻想的~~

頂上からの眺望

座っていると体が冷えてくるので、休憩もそこそこに『心見の橋』へ。
隊長が渡ろうとチャレンジするも、足元がズルズル滑るらしくて途中で断念。
見てるこっちがぞぉぉ~~!としちゃう。

心見の橋

下りもやっぱり同じくらいの時間がかかりました。
隊長はどんどん下りていくけど、段差がある下りは膝が痛くなるし、やっぱり怖い・・・

市房山はやっぱりきつい!
けどどんな山でもそうだけど、頂上に着いたときの達成感と、その行程で出会う山の姿に疲れも忘れます。
隊長の綿密な下調べによって予想したタイムスケジュールは今回もぴったり。
さっすがぁ~~!

登りの途中ではあちこちの山を登られているご夫婦をはじめ、何人かの方々とすれ違いました。
一期一会なんでしょうけど、あとあとブログとかで見かけると嬉しくなります。
またどこかでお会いすることもあるかな? と楽しみになったりして

最後に今回の成果とご褒美

成果

ご褒美~

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしい

こんばんは!
2年ほど前アケボノツツジやミツバツツジの咲く頃歩きました。
そうそう、バイケイソウの群生も熱燗じゃなかった圧巻でした。

岩に刻まれた「山」「心見の橋」には気付きませんでした。
再トライしなくちゃ、っと気ばかりヤングですう(^_^)

今日は「ました、でした」で失礼します。

Re: 懐かしい

九ちゃんさん

コメントありがとうございます♪
市房山登られたことあるんですね! 
アケボノツツジやミツバツツジって、登られたのは5月でしょうか。
『山』の文字は、大杉にばっかり見とれていた私も気付かずにいましたが、
観察力鋭い隊長が見つけました(笑)
心見の橋は、縦走路へ3分って頂上に表示板があります。
3分なんてとんでもない!ワタシの足で10分はかかりました。
その先の縦走コースは今は閉鎖されています。
心の清い人しか通れないと言われているそうですが、ここを渡るのはかなり度胸が要りそう(汗)
ぜひまたトライしてくださ~い♪

気持ちはヤング!は私も同じ(笑)
山の中では童心に戻りますv-398

Re: 懐かしい

それと・・・バイケイソウですか?
初めて聞きましたが、さっそく...φ(`∇´〃)メモメモ

プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。