スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本県 萌の里~俵山

平成24年11月10日(土)

前回の三俣山単独登山で痛感した「地図読み」
山で実践勉強会するぞ~!の隊長の号令とともに南阿蘇へ
号令をかけた隊長は治りきれない風邪と、前夜のでややグロッキー。大丈夫か?
午後から雨が降るんじゃないか?という予報だったので
近場がいいだろうと俵山を萌の里から登るコース。
このコース、前に単独で歩いた時も雨に阻まれ途中まで行って断念したままでした。

マークばっかじゃん!
天気予報1

登山口で早速地図を広げ方向を合わせ、等高線で地形を確認したのち
午前8時半に登山口を出発。

最初の鉄塔を過ぎたあたりでハバヤマボクチがあちこちに!
枯れても絵になります
ハバヤマボクチ2

座布団岩、お久しぶり~
座布団岩3

ここまで登る途中で自分がいる場所を地図で確認。
隣の山(丘?)と見比べて、今自分がどのあたりまで登ったか?
ふんふん、なるほどーー

登山口から登った時間と、登った標高差を等高線でチェック。
100m登るのにどのくらいの時間を要するか?を割り出すとこの日のコンディションも予測出来る。
ふんふん、なるほどーー

ウメバチソウがあちこちに咲いていました
ウメバチソウ4

突如出現した牛のをかわしながら、ケルンがある613ポイントに到着。
ここまでおよそ60分。今日もゆっくり 今日の料理のテーマペースで
613ケルン5

さーーっ ここからは初めての道 ルンルン
下って振り返った眺め。
くだり6

15分ほど行くと分岐があり、我隊は右折してショートカットコースへ。
真っ直ぐ行っても先で合流しますが、合流手前で二段階のわりとキツい登りがあるそうです。
ショートコース分岐7

分岐からそのまま進もうとする私に
「分岐地点では周りをよく注意して情報を見なさい!」と隊長注意が。
ハイ こんなんあったのねー
お知らせ8

最初はずーっとキツい登りばっかの道にハァハァゼィゼィ言いながらも
ふと見上げると綺麗に色付いた木々 と、なかなか素敵な登山道。
天気の良い日だったらもっと明るくて素敵なんだろうなー
紅葉9 登山道10

ショート分岐からおよそ30分くらいで865mまできたっ!
ここでさっき分かれた二段階登りの道と合流します。
865登山道11

865mを過ぎたあたりから、酒が抜けたか?隊長の足取りが軽やかにややペースアップ
ちょっっ 今日の料理ペースはぁぁぁ~~~?
と思いながらも遅れてなるものかっ!とくらいつくワタシ。

10分かからず926mへ到着。 ここでチョっと休憩。
コバラが空いた~~~ のでチョコパイでパワー補充。
926登山道12

20分ほど進むと激励板を発見!
チョコパイで足らなかったか、このあたりでお腹がぐーぐー言ってる
激励板?13

けどあと10分!!早よ着いたらそんだけ早くご飯だぁぁ~~~
山頂近く14

なんと!頂上間近の道の両脇には風をよけてたくさんの方々が食事中。
その間を歩き進むのはまるで花道のよう

頂上到着。午前11時10分。
頂上15

曇り空でしたがたくさんの方々が登ってらっしゃいました。
風があたらない場所でご飯ご飯~
風があるとやはり冷えます!カップ麺の温かさが沁みます


お腹満たしてコーヒーで一息ついたあと、雨が降らないうちにと下山。
登りと違うコースにしようということに。
下山 茅野コース?16 下山コース表示17

15分ほど下ってあった案内板。 そのまま真っ直ぐ進みます。
分岐18

頂上から30分ほど下った875m地点で製氷記念碑なるものを発見。
「正七位山代清三君製氷記念碑」
明治20年にこの辺りに製氷場が設けられたことを記念して建てられたものだという。
875M
記念碑

10分ほど下ると鉄塔が見えたっ! 登山道にはマツムシソウがまだ頑張って咲いていた。
鉄塔 登山道

こっち側(北?)から見る一ノ峰二ノ峰。
一の峰二の峰

鉄塔から5分ほどで林道に合流。この砂利道をしばらく下ります。
林道合流

コンクリートの道を外れて登山道へ入ると、色の濃いぃ~マツムシソウが
鉄塔下あたりにはウメバチソウもたっくさん咲いていました。
マツムシソウ 鉄塔2

そして、この鉄塔下は放牧された牛の水飲み場兼休憩場所のようで・・・
たーーーっくさんの

うげーーっっ と言いながらもウンチを避けつつ進むと
谷コースとの分岐があった! いろんなコースがあるのね。
分岐

目指せ~ 駐車場! で到着は午後2時10分。
あと少し 到着

今回下山した茅尾根コース。
途中一の峰二の峰を見れたのは良かったんだけど、なんせ牛のがぁぁ・・・
見晴らしのいい草原だからって、ルンル~ンって調子に乗って歩くとぶにゅっと踏みそうで大変でした

はっっ そんなコトより今回の目的、地図読み・・・

隊長が用意してくれた近辺の山全体が見れるのと、
目標の山を中心としたもの、登山口近辺を拡大したもの
三種類の地図にて、いろいろお勉強になりました。
最後はウンチに気を取られっぱなしでしたが、
またひとつ、未知のコースを経験することが出来て嬉しいっす。
いつの日か、未踏で心残りな「俵山~護王峠~冠ヶ岳」を目指します!

今回体調が万全でないのにもかかわらず、地図読み登山を実践してくれた隊長には感謝です。
復習のつもりでUPしたけど、学んだことを文章にするのって難しいっすね(汗)
三俣山5峰廻りリベンジには、必ずや役立つでしょう!
けど・・・ 久住も阿蘇も昨日(13日)初雪だとか?
あぁ~ またノーマルタイヤ車に厳しい季節到来です。。。




コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは(^O^)/

おぉ~~~Σ(・ω・ノ)ノ!♪
同じ日に近くのお山を登っていたんですね!
(私は「免の石」を見に行ってたんです=3)
またしてもニアミスですね!(そうでもないか?(^^;)
そろそろ、ばったりお会いできそうな気がいたしまするぅ~(≧▽≦) ♪

私も「地図の読み方」と「天気図の読み方」のお勉強をせねばと思って
早一年が過ぎ去ろうとしております。。。(/ω\)
来年こそは!!!!(笑)

「ウメバチソウ」かわいいお花ですね。
まだしばらくは見れそうですか?
「マツムシソウ」がまだ咲いてるのにはびっくりしました!

萌の里から登るコースは未体験なので
今度うんちょ避けにチャレンジしてみようと思います♪

ちびっと 地図読み体験

今回は教える私の方が再勉強できて良かったです。

地図読みは、毎回少しずつやると 身に付きます。
祖母山や鹿納山のような森の中&曇を行く時は応用が必要です。
次回はコンパスを勉強しましょうね。

大昔 雪山遭難しかけた時も 磁石が凍って当てにならず
ホッカイロで磁石のオイルを溶かして使ったことがあります。
最終的には 紙の地図で何度も今の位置を確認して、
下山しました。だって登山道が雪で分からんかったとだもん。

ちなみに 大阪支店勤務時代の約20年前の滋賀県伊吹山。
ザックなんてキスリング。(登山部だった方しかわからん単語?)
場所によっては、腰まで雪があって 死ぬかと思った。
あきもさんの大船山のような思いでです。

GPSやスマホという手もありますが、電池がなくなればタダの重量。
貧乏!といわれても基本はアナログです。

お互い明るい貧乏・ワイルド貧乏を目指して行きましょう!
はじめて行く山が雪山の場合、地図が読めないと登れませんよ。

No title

俵山は、一度登ったおかげで、写真を見てもリアルな感動がありますね。
また行きたいな。

かんみ♪さま

こんにちはv-290

見ましたよっ 免の石!!
私はツアー参加したことないのですが、想像より面白そうなトレッキングですね。
お互い、お山のあっちとこっちで過ごしてたんですねーv-343
バッタリも十分あり得ること、いずれかんみ♪さんの地元のむかばき山(字が難し)も視野に入れておりまするぅ~v-398
うふふ、うんちょ踏み俵山登山、後ろからくっついてるかもー(笑)

地図の読み方と、そうそう天気図の読み方!!!
山歩きの時など「風があっちから吹けば雨になる」とか、天気図と重ねてよく隊長が申します。
うーーん・・・ 脳ミソ活性化のためにもお勉強せねばっv-356 ですネ

ウメバチソウ、e-283の栄養がいいのか、下山の登山道にたくさんありました。
マツムシソウも意外やいくつも頑張っておりましたよ。
ここ数日冷え込んできましたが、まだ見れるんじゃないかなー 

隊長さま

今回もお疲れさまでしたv-16

今までは等高線がつまってるかどうか、くらいしか見ておりませんでしたが
すごーーくわかりやすい説明をありがとうございます。
予想時間を割り出すところまで出来れば、登山計画もより綿密に出来ますね。

過去にそんなすごい経験をされていたとは・・・
引き出しからまだまだ出てきそうな、謎多き隊長ですねv-8
天気予想も、自分のカンばかりではいけませんねv-356

devilman さま

こんにちはv-290

一度歩いたところは、思い出すでしょうね。
この俵山一帯の登山道は、草刈りやパネルなど整備されてまだ新しいようです。
devilman さんが歩いた、風車がある展望台からの登山道も、草が刈ってあってとても登り易くなっています。
時間があれば、祖母山系の静かな山歩きもいいですし、
ぜひ またのお越しを~v-222

No title

のびやかな感じが阿蘇らしくて
いいですね。牛が放牧されるところを
歩くのもおもしろい。
地図読みの勉強は身近に教えて
くれる人がいるといいですね。
自分も勉強したいと思っていますが
なかなかできません。

ブルさま

こんばんはv-354
南阿蘇は草原を歩くような場所も多くて、他の山とはまた違った感じがします。

地図読みや天気を予測したり、
今まで機会あるごとに隊長がサラっと教えてはくれてましたが、
任せっぱなしで一緒ということに安心して、聞き流してしまっておりましてv-388
初めての山でも前もって時間とか地形とかシュミレーション出来れば
不安になったり迷ったりすることも少なくなるのかなと思います。

次回の山歩きの時に、どのくらい地図読みが出来るか・・・
師匠でありセンセイである隊長がサジを投げないうちに
復習に復習を重ねなければ!(笑)

次回予告 祖母山

小雨の祖母山風穴コースに挑戦した姫。

風穴に近づくと 雪に
頂上手前からは 樹氷!

防寒手袋じゃないから
手はマッチ売りの少女状態

極寒の中、
財布忘れた二人は、
9合目小屋に入れるのか?
ご期待ください。

隊長さま

先日はどーもお疲れさまでしたv-435

天気予報が外れた祖母山、寒かったですねー!
でも思いがけない素晴らしい景色に大感動でしたv-411
下山時は極寒の中、お待たせしてしまいどーもすんましぇんでしたv-436
月末の週明けゆえ、アップはもうしばらくお待ちください。
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。