スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分県 三俣山お鉢廻り(したみたい?)

平成24年11月4日(日)

任務から解放されてウキウキの週末
・・・だったのですが、前日は寝坊のため山歩きを断念。
午後から雨になるというこの日は何とか朝早く目覚めることができ、
午前中に下山する予定で、一人いそいそとくじゅうを目指しました!

阿蘇一の宮あたりは3℃と冷え込んだものの、瀬の本は8℃。
牧の戸あたりも風がなく予想より寒くない。
午前5時半1

夜明けとともに歩く時間帯は寒いだろうと予測し、
ニット帽をはじめ、予備の手袋やネックウォーマにホッカイロ、フリースなんぞを詰め込みました。
そろそろ明るくなってきたので、午前6時過ぎに大曲登山口から出発

馬酔木の森は薄暗かったものの・・・
出発2

コンクリートの道に出ると空が明るくなってきた
けど、だーーーれも歩いていません。。。

お月様と一緒に歩く。
登山道3

硫黄山が近づくと、六十〇ハップのにほひが・・・
硫黄山4

すがもり越えでは朝陽と飛行機雲のコラボ
すがもり5

だーーれもいないので、一人記念撮影をば!
この前買ったこのソフトシェルを着たくて山に来ちゃったーのよっ
すがもり6

さて いざ三俣山へ!!

ひーこらと登りながらふと見ると、
大船山の向こうに雲海が見えるじゃあーりませんか
大船山雲海7

で、午前7時40分に西峰到着。
やっぱりだーーれもいないので、一人記念撮影。(あとからお一人登ってこられました)
三俣山西峰8

さて、ここからは初めて行く道。
リサーチではまず本峰に行くつもりでしたが、なぜか山頂プレートもない場所に出た!
後ほど確認したら、ここは四峰というらしい。
本峰は知らぬうちにスルーしたようで、
「まぁいいや、あとで寄ろうっと」と先を進む。
ここは?9

ぐちゃーっとした登山道をコケないように慎重に登ると・・・
登山道10

南峰に到着~~
三俣山南峰11

久住山はガスが乗っかってるけど、中岳と天狗ヶ城は見えた!
久住山中岳方面12

憧れの大船山もガスってます。
大船山方面13

先ほど西峰でお会いした紳士も登って来られて、
坊がつるが見下ろせる場所まで案内していただきました
ここから坊がつるに下りる登山道も教えてもらいました。
行けるらしいのですがかなり急傾斜です。
下りるよりまずは登ってみるのがいいかなぁ もちろん単独でない時にしよーっと。
坊がつる14

と、冒険は隊長が一緒の時に・・・と思ったのもつかの間
「道はちょっと急だけど北峰へお鉢廻り出来るよー」 とこれまた教えてもらい、分岐まで同行して頂けるとのことで行ってみた!

北峰への分岐。わかりにくいです。
テープはあるものの表示板もなんもなくこれだけではなかなかわかりません。
北峰へ15

ズルコケそーになりながらもひたすら下るっっ

今回初めて見た紅葉らしい紅葉
紅葉16

延々と下った気がしたけど時間にすれば10分くらい。
人影はまったくなく少々心細くなった頃に分岐に出た!
げっっ これって・・・
雨ヶ池から三俣山に登る登山道は通行禁止のはず・・・
も、も、もしかして 通ったらダメなとこに来ちゃったのかしら

雨ヶ池方面はダメよっ!と自分に言い聞かせながら三俣山方向へ。
分岐17

「踏みあとがあるから大丈夫!」と紳士が言われていたように、
ぼーっとしている私でも何とか見失わないくらいの踏みあととテープを頼りに展望のない道を進む。
天気もどよーんと曇ってるし、雨が降り出すんじゃないかと
もうこの時点でめっちゃ心細かったっす(泣)

いつもなら大好きなこんな道も、楽しむ余裕もなく。
登山道18

ぽかっと平坦な場所に出た。
ここはどこなの~~??

あとで見たら「小鍋」というところらしい。
ここはどこ?19

北峰がどこなのかさっぱりわからないまま、
登る取り付き口を見つけて登り出す!
私の想像では、きっとあの上が北峰なんだ!と思っておりました。
朝露に濡れたままのぐっちょぐちょの登山道の急登りを、
写真を撮る余裕もなく必死に登る。
もーズボンも靴もスパッツも泥だらけ~~ なんて構っちゃいられないって。
とにかくあの上に!そればっかり考えておりました。
(どんだけ余裕なかったのか・・・

登り切って出たとこは・・・ 本峰じゃ~ん!
三俣山本峰20

本峰頂上では数名の方々が楽しそうに休まれており、
そんなトコに泥だらけで必死こいた私が出現したもので・・・
写真を一枚撮っただけで、挨拶もソコソコにその場を離れました(ハズカシー)

西峰に戻る途中でやっと写真撮る余裕も出てきて
ここが「大鍋」?と、少しばかり色の残った写真を撮った。
大鍋?21

泥だらけのワタシは西峰のはじっこでオニギリとコーヒーで休憩。
休憩22

すれ違う方々の視線が泥だらけの足にいくのを感じて、この後はそそくさと下山した次第で。。
お昼どきでほぼ満車の長者原駐車場でたまたま隣の車へでっかいザックを担いで戻ってきた紳士シゲさんとしばし山のお話。
キャンピングカー いいよなぁ~
せめて車中泊出来る車が欲しい。 イヤ、好きで乗ってるんだけどね、マイカー

う~ん、歩いたのってまさか指山~北峰 って通ってないよね?
注意!23

と不安になった私は、後日隊長に確認してもらった。
すると・・・なんと!いつの間に!
過去に隊長もこのコースを歩いたことがあるのが発覚
どんだけ抜け駆けしとんじゃ~~~ワレ!
とは、さすがに怒りませんでしたが、まだまだ謎多き隊長です

今回の山歩きはたぶんこの黄色の線を歩いたんじゃないか?(逆廻りだけど)
登山禁止のルートじゃなかったということでほっとしました。
けど北峰がわからーーん!
ので、天気の良い日にリベンジしよーっと

ホンキで地図の見方を習得せねばと痛感しました。
三俣山

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【大分県 三俣山お鉢廻】

平成24年11月4日(日)任務から解放されてウキウキの週末・・・だったのですが、前日は寝坊のため山歩きを

コメントの投稿

非公開コメント

凄い山ガールさんへ

今晩は
三俣山の単独登山拝見し凄いと思いました
紅葉も終わった今の時期によくぞ独りで
歩きましたね

衣服もバッチリ決めていますね
今度山で会うことが有れば直ぐに分かる
かもしれません
声をかけてみようかなぁ~

スゴーイ

つる姫さんスゴイです。
いつか、先導して下さいね。
mobileより

No title

足のどろどろはよく歩いた勲章です。
人がぜんぜんいないと静かでいいのですが
ちょっと不安になる時もありますね。
地図は私も分岐を確認する時くらいしか
見ていませんが、ちゃんと読めるようになり
たいです。
寝坊しないで山歩きができてよかったですね。

ぼん天棒さま

こんばんはv-290

今年も大船山の紅葉の時期に登ることが出来なかったけど
紅葉の残り葉でも見れたらいいなと思い登りました。
登山道の紅葉は終わっていましたが、下山後に寄った長者原から指山の色付いた紅葉が見れましたv-34
単独で、しかも夜明けとともに登ったので静かな山歩きでしたが、
下山する頃には山頂も登山道も賑やかでしたよv-410
山で見掛けたらぜひ声かけて下さいネv-353

あきもさま

こんばんはv-290

精力的にあちこちに登られていますね!
捻挫されたとこはもう大丈夫でしょうか。
いやいや、先導だなんて・・v-356
三俣山西峰までをちゃちゃっと登られるあきもさんには
逆に置いていかれそーだわ(笑)
また山でお逢いするのを楽しみにしていま~すv-353

ブルさま

こんばんはv-290

そっか、勲章v-352 いい響きだわ~(笑)
本峰に登り切った時は、もしかして通っちゃいけないルートだったのか?という不安もあって
山頂の皆さんに突っ込まれる前に退散しようと、挨拶だけしてその場を離れました(笑)
静かな登山道は私も大好きですが、今回は初めてのルートで案内板も殆どなく不安でドキドキでした。
もっと天気の良い日にもう一度じっくり歩いてみたいです!

No title

最高の山歩きをされましたね♪
ワイワイ、ガヤガヤは余り好みません(たまのお付き合い程度)
一人だと登ったり下ったり好き勝手に歩けますからね(^O^)

これから樹氷が楽しみですよね。
是非UPされてください、お待ちしていますう。

こんにちは!

久しぶりのお山レポ楽しく拝見しました♪
画像のサイズ変更もバッチリじゃないですか~ d(^-^)d 

あそこから、あっちへも行けるんですね!(どこのこっちゃ?(^^; )
南峰より坊がつるに下りる登山道。
私も前に一人で行った時に、こっちも行けるんだよ。と言われ
見に行ってみたら、あまりの急坂で後ずさりしてしまいました(((×□×)))
あの急坂を行かれたんですか?
すごぃ!!!(≧▽≦)

拝見していると、ワクワクドキドキが伝わって
私もまた一人で行きたくなっちゃいました♪

お互いに寝坊しないように気を付けましょう!(笑)

九ちゃんさま

こんにちはv-22

時期が過ぎたあとの早朝の山は静かですね~
単独は気ままですが、ついついもくもくと歩いてしまって休憩のタイミングが掴めませんv-356
今回は初めてに加え寂しい登山道だったので心細くなりましたが、次回はその静けさを楽しみたいなと思います。
冬の山は道路凍結が怖くてなかなかチャンスがありませんが、
今年も一度は樹氷を見たいなと思っていますv-353

かんみ♪さま

こんにちはv-22

そそ、あそこからあっちも行けます! ぷぷっ(笑)
かんみ♪さんも教えてもらったんですね!
いやいや!私もあの坊がつるを真下にとらえた急斜面を下る勇気はありませんでしたv-356 
というワケで、私が下ったのは南峰から少し戻った分岐から北峰へ行ったのです。
分岐と言っても、古くて色あせたテープがいくつかあるだけ。
以前は小さい手書きの板があったそうですがこの時はなんもなく、
オジサマが同行してくれなかったら分からなかったでしょうね。
次回はたっぷりと静かな空間を楽しみたいですe-343
これから寒くなるとお布団から出る勇気が一番必要ですね~v-290

姫 育ちがわかるお言葉は お控えください。

ということで
今回 体調今一の隊長を引き連れ、
萌の里から俵山に 地図読み登山の姫。

牛のウンチと格闘しながら 学んだことは、
標高100mは15~20分ぐらいかかること&その他

次回 お楽しみに

隊長さま

どもども お疲れさまでしたv-237

行商疲れの体調不良に加え
フィーバーe-65な飲み会明けにもかかわらず
地雷e-283が点在するコースでしたが
地図読み講習登山にお付き合い頂き、厚く御礼申し上げますv-441v-442
今日学んだことを復習しながら後日UPいたしますわv-392

三俣山四峰周回、おめでとうございます

 こんにちは つる姫さん
 「北の千里の遭難とすがもり峠の鐘」がついてまわる三俣山は
かっての遠征の折り、ご一緒できなくて今でも残念に思いますが、
単独で西峰~本峰~北峰~南峰と一周、充実した一日でしたね、
乾杯!


俄歩人さま

こんにちはv-34
コメントありがとうございます。
俄歩人さんの雨のくじゅうの山行からもう1年半になりますね!
雨に阻まれ三俣山をご一緒出来なくてとても残念でしたが、
お逢い出来たのは何にも代えがたい想い出です。
山登りを始めるずっと前から、長者原から見上げる三俣山や硫黄山は大好きな場所でしたが、その山を歩いている今の自分が不思議な気がしますv-290
いろいろなタイミングが重なった、まさに『縁』でしょうね。
北峰山頂への登り口があったのか?それさえ確認出来ないままのガムシャラな山歩きとなりました(笑)
今度は少しは余裕ある山歩きが出来るかと思うので、晴れた日にもう一度挑戦してみようと思っています。
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。