スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎県 高千穂峰

平成24年9月9日(日)

天気予報が外れてお日様が出た日曜日に向かった先は霧島連山。
夜が明けて明るくなっていく空を見ながら南下しました。
山の方はいい具合に?雲がかかって、わくわくします~
えびの市1

二週間前に立ち寄った場所。
山登りを始めた頃に登り、ガレ場の下りに泣いた高千穂峰リベンジです
午前9時にスタート。
登山口2

歩き始めは森の中ですが、火山灰が積もってまるで砂場
階段も火山灰だらけ~で、歩きにくいっ
韓国岳を歩いた時はあまり感じなかった、新燃岳噴火の痕跡です。
登山道3

ここっ!!

山歩きを始めた当初に登った時は、赤茶色のガレ場だったのですが
新燃岳噴火による火山灰で、まるで砂山のように変貌していました。
一歩踏み出しても、足を取られてズズっと半歩下がる・・・ 
登山道4 火山灰5

ここは以前、怖くて泣きそうになりながら下った場所。
でも今回は下りが楽しみ~~
さ~んぽ 進んで 二歩 下がる~
ガレ場登り6 登り

何度も立ち止まりながらも、なんとか馬の背まで辿りつきました
ここも以前の景色とは違う~~
馬の背7

まるで運動部の足腰鍛錬のよう。
写真撮ってると とっとと置いていかれる・・・
馬の背8

馬の背を振り返って見る。
振り返って9

赤かった岩肌の断面も今はこの通り。
岩肌10

この鳥居から最後の登りに出発~~
最後の登り14 いざ!15

三歩進んで二歩下がる~ を繰り返し、午前11時15分頂上到着
今回の火山灰が積もった登山道はかなりしんどかった。
山頂16

逆鉾も健在。
おっ!写真になにやら参入者が・・・蜂? 
逆鉾17

頂上の山小屋では、火山灰を取り除く復興作業でしょうか。
何人もの方々がスコップ片手に作業を行われていました。
区役?18

こちらに8月10日に解禁となった御池方面からの登山道が見えるはずなのですが・・・
御池からの登山道?19

お昼を食べながらしばらく待ちましたが、頂上はガスがかかって眺望ナシ。
眺望なし20

頂上からの眺望を諦めて下ることに。
頂上でも舞っていた蝶の姿を、馬の背で撮影成功!
蝶24

馬の背から先の下り、今回は楽しぃぃ~~~
一歩踏み込めば、ずずーっと下ります。
テレビで見た、富士山の砂走りみたいー
遠くにはかすかに桜島が見えました!! クリックしたらうっすらと
桜島!25

秋はそこまできていますね。
ススキ26

こーんなの すきっ まるで・・・  スーモ?
苔玉27 すーも

ガレ場の下りで泣いてからというもの、ずーっとリベンジしたかった高千穂峰。
今回の感想はといえば・・・
「あれ? こんなんだっけ?」
と少々拍子抜けでした。
もちろん登りは大変でしたが、ちっとも怖くない下りは火山灰に助けられたところが大きかった。
膝も痛くなることもなく、ちょっとだけ自信がつきました~

登山道で出逢った花々
花11 花13 花23

ケバいアザミのような花 の茎、でけーーっ
花12 花の茎21 

遅咲きのミヤマキリシマも!
遅咲きミヤマキリシマ28

コメントの投稿

非公開コメント

泣きナシ登山!

お疲れ様でござった。

アリ地獄を登るような登山で「また膝が・・・泣!」と思ったけど、
終始笑顔だったので良かったでござる。
本日 高速バス移動中に「剣客商売」を読んでいたので、お侍になってしまったでござる。

火山灰は40~50cmは積もってたよね。
降灰量が仮に半分としても、麓の皆さんは大変だったと思います。

でも 急登り溶岩の隙間に自生してるミヤマキリシマやイタドリは、少なくなってたけど
しっかり生き抜いてたんで、ビバ自然!って感じで安心しました。
頂上に鹿のフンがあったのには驚いたけど   

下りはスキーのようで楽しかったですね。
登りとは大違い。  下りは通常の1歩が2歩分で、スーイスイって感じだった。
下りは1時間くらいだったから標準タイムでござるよ。
というものの 調子こいて 調子こいて どこにでも行くと 泣きまするぞ!

次は何処へ登るでござる?

No title

こんばんは。
噴火の力ってすごいですね。
砂だらけになっちゃうなんて・・・
それのほうが膝にはやさしいのかな。
山は秋ですね。

火山灰

火山灰の上を歩く経験はないのですが、
なかなか手ごわそうな感じですね。
こちらにいると経験できない山ですね。
なんか怖くないですか。。。。

いずれにしても、クッションになっているとすれば、下りは楽しそうですね。でも、お怪我なくて、何よりでした。

隊長さま

先日はお疲れさまでしたv-22

高千穂峰リベンジ山行、ありがとうございます。
火山灰で下が柔らかかったので、膝への負担も少なくて楽しい山歩きでしたe-343
今でこそ噴火活動も落ち着いてきていますが、
日常生活の中の灰の除去作業など、地元も皆さんのご苦労がしのばれます。
そう!あれは鹿のフンだったんでしょうねぇ~ 黒くなかったけど。

今回の山歩きで、膝の痛みと違和感はほとんど感じられなかったので
次回はもう少し長く歩きます?v-410
それまで 日々鍛錬歩行いたしますぞ!

> 次は何処へ登るでござる?

ブルさま

こんにちはv-34

ホント!話にはチラっと聞いていましたが、あそこまで火山灰が積もっているとは想像していませんでした。
けれどもその中でも植物はしっかり根を絶やさず残っててv-22
登りはなかなか進まなくて大変でしたが、足が砂に埋もれる分、下りは衝撃が少ないので膝には優しいみたいです。
これからの季節は紅葉の追っかけが楽しみですv-34

devilman さま

こんにちはv-22

これだけ積もると手ごわいですよ~
登りながら足を踏ん張っても、ずずっと半歩下がります。
前回歩いた時は、岩と火山灰が混ざって、浮き石とズルズルの下りが、
視界を遮るものがない高度感ある周りの景色と重なってとても怖かったのですが、
今回は怖くはなかったです。
今までの山歩きである程度高さに慣れたのと、砂の上ならば転んでも痛くないという安心感があるからでしょうか。
砂走り~も楽しかったですv-343

No title

お早うございます。

高千穂峰に登られたんですね。
私も2年前のちょうど今頃、「龍馬伝」のドラマで龍馬とおりょうが
高千穂峰に登る週の前の週に登りましたよ。
TVのシーンを見ながら、
「おっ、あそこのガレ場や!、ここはお鉢の所かな?」
などと、登山を振り返りながら見たのを思い出しました。

それにしても、火山灰の積もり方、凄いですね!
ガレ場も登りにくかったけど、砂場はもっと大変そうです。

お疲れ様でした!

ヨカバイおじさん さま

おはようございます~v-278

二年前に登られたんですね!
歩いたところがテレビに出るのって、なんか嬉しいですよね。
高千穂峰は我隊も同じ平成22年12月に一度登ったのですが、
その時はもっとこう猛々しいというか、赤茶色のガレ場は私にとって泣きどころでした。
今回は最初の森の中の石畳もすっかり砂の道と化していました。
ガレ場の浮き石も大変でしたが、今回は火山灰に足が埋もれて、なかなか進まず大変でしたv-356
けど下りは 超!楽~v-355
と言っても油断していると、ところどころに見えてる岩で靴のグリップが効いて、つんのめりそうになりましたが(笑)

ようこそ!霧島へ

こんばんは・・・ご無沙汰してます

高千穂の峰へ登られたんですね~
凄い灰が積もってて登り辛かったでしょう
って、私はまだ登ってませんけど・・・(^^ゞ

私らみたいに,写真撮る人からは、高千穂の峰は登る山じゃなくて被写体になる山なんです(私はね)
でも,あそこに咲くミヤマキリシマの今後が気になりますから定期的に登ろうかと思ってます

山頂はガスってたんですか?
桜島も少しだけ見えて良かったですね~
熊本も楽しかったですよ!!
ではまた・・・ヾ(^ω^)

EBIさま

こんにちはv-290

高千穂峰、砂山を登っているようで大変でしたv-356
高原町から見上げた霧島の山、遠くから眺めてもとても素敵でした!
ガレ場や頂上のミヤマキリシマも灰に埋まっていましたが、
今年の春はどうだったんでしょう。
力強く根を張って、また春には咲いてくれると思います。
山頂はなかなかガスが晴れずに残念でしたが、少し下ると見晴らしがよくラッキーでしたv-353

高千穂の峰

つる姫さん
今日は

懐かしく拝見しました
二十歳の時に初めて登りました

初日に韓国岳や大浪の池次の日に高千穂河原
から高千穂の峰でした

ずるずるとよく滑りましたね
山頂の山小屋の店でお金が少なくて
安くしてもらいました
逆鉾懐かしい~
当時の事が甦りました

ぼん天棒さま

こんばんはv-34 コメントありがとうございます。

ハイ、よく滑りました!(笑)
ガレ場からの下りは初心者の私にとっては怖くて長い時間に感じましたが
今回はあっという間だったような気がします。
山頂の山小屋ってお店だったんですか?
くじゅうのすがもり越えの小屋みたいに売店だったとか?
当時のことを思い出しながらの再訪の山歩きもいいですねv-290

火山灰

火山灰で登りは少々難儀しますが
下りはだいぶ楽なような気がしますね
早く霧島縦走できるようになるとよいです

ぽーらんさま

コメントありがとうございますv-278

新燃岳を含む霧島縦走出来るよう、早く活動が落ち着いて欲しいです。
山ヒルは実際にまだ見たことがありませんが、出来れば出逢いたくないものv-356
もっと涼しくなって、出来れば霧島東神社の登山口から二子石を見てみたいですv-290

こんばんは。

噴火後の山の様子、気になっていました。
おかげで山の様子もわかり、いつの日にかまた登りたいな~などと考えています。
1000円高速が無くなった今では、えらく遠い所の山に感じます。

tsurikichi さま

こんばんはv-22

韓国岳はそうでもなかったのですが、高千穂峰の火山灰にはビックリでした。
ガスがなければもっと素敵な景色が楽しめたのですが。
ここはスパッツは必需品ですネ。
千円高速、またやって欲しいものですね~v-290
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。