スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじゅう朝駆け!・・・の予定が

実はっ!! 
7月半ばに転職しました。
慣れない環境で仕事習得と気疲れの日々でして、待ちに待った週末。

『山に行きたい!でも暑いのはヤだ!』

ということで、単独ですがまた朝駆けを企みまして。
前夜からくじゅう牧ノ戸へ向かったのですが、阿蘇一ノ宮を過ぎたあたりから雨、雨、雨
天気予報は晴れマークだったのですが、やられたっ! 「ところにより 雨」

まっ 取り敢えず行くだけ行ってみよっと

平成26年7月20日(日)

牧ノ戸峠駐車場にて夜中のアラームで目を覚ましたものの、外はまだ雨。
「雨が止んでから登ろう」と、雨音を聴きながら至福の二度寝
次に外の気配で目を覚ますと、雨もなんとか上がったようです。

空には半月。 午前4時半スタート。
1

三俣山の上には雲がどっかり乗っかっています。
2

沓掛山あたりで夜明けを迎えました
3

多少は濡れているものの、雨上がりの登山道は思ったよりヘーキでした。
4

ここも、そぉ~~っと足を置けばダイジョブよん
5

踏み石もちゃんとあって、ずいぶん歩きやすくなりました。
6

登山道の鮮やかな青紫色のヤマアジサイ。
7

しかし! 日が昇るにつれガスが・・・
扇ケ鼻分岐。これはこれで素敵なのです
8

星生分れに着いてもまだガスは晴れません。
9

今回は 星生山から星生崎へ、単独での大岩越えに挑戦! が目標です。
登ったことのある皆様は、「大岩越え?」 って首をかしげるかもしれませんが、星生山頂から星生崎に向かう最初の岩越えの下りは、高いところが怖い私にとってちょ~難関!一大決心なのです

星生山の尾根まで昇ると、そこは天空の世界
頑張って登ってヨカッタ~~ って思える瞬間です。
10

星生山山頂  AM6:14
星生山

山頂独り占め~
11

360度の眺望を楽しみながら、サンドイッチの朝ごはん
一瞬晴れるのですが、すぐに雲の大群がやってきます。

チャーーンス!!?

多少ガスがある方が、高度感の恐怖も和らぐだろう

気合い を入れて(なんせ一大決心なもんで)、いざ下る!
後続者がいなかったからヨカッタ。
岩にしがみついてるカエル状態とでも言いましょうか、見られたら もーオヨメに行けないよーな姿だったでしょな~ ははは

ほっとして振り返れば、悪戦苦闘の岩はもうガスの中・・・
12

ここもヨジ登りましたわっ 登るのはまだいーのよねぇ・・・
13

星生崎から避難小屋までの尾根を下るつもりが・・・
ガスで西千里はおろか、小屋の屋根さえ見えず、
真っ二つの大岩がないっ!! と思ったら、右寄りのコースを下っちゃいました。
あーらーまー

んで、そのまま久住山へ。
 AM8:16 到着。シャッターチャンスに間に合わず
14

山頂で、宮崎から来られたというご夫婦としばしお喋り。
最近山登りを始められたそうですが、話しながら自分撮りアイテム ゴリラポッドを取り出すと・・・

「うわー なんねそれ?!」
「ほぉ~ そげなつがあっとね!」

どーいうふうに使うのか興味津々の様子。
山頂撮りの一部始終を見学されて、アガッタ私が上の写真でございます。おほほ・・

「話しちょらんで、ワイらがシャッター押してやれば良かったったい!」 
お~ 気付かれましたか!

と言いながら下山されていきました ぷぷぷ

久住山の頂上もガスに覆われていましたが、時おりサーっと視界が開けます。
15

山頂が賑やかになってきたので、今回第二の目的である慰霊碑まで行ってみることに。
無事にアノ大岩を越えれたことのお礼を兼ねて手をあわせてきました。

この角度から見る御池は初めてです。
16

大船山にも雲が乗っかってますね~
17

さー そろそろ戻ろうか

避難小屋の広場の隅っこにある、岩でしばしお昼寝と思いましたが、まー周りの賑やかなこと!
「午後から雨が降りそうだね」
って会話が聞こえてきます。
帰り道のコンニチハ大合唱を覚悟して、の~んびり下山。

コケモモの実らしきものを発見したり
18

ノリウツギや
19

ニシキウツギ?
20

ウツボグサ
21

登山口近くで、アサギマダラとの出逢い
22

ちょうど12:00に下山完了。
後で判明したことですが、今回はあの有名なブログ!おのぼり寝太郎 の 寝太郎さんも登られていたそうで、どこぞやの山でお会いするのを楽しみにしているのですが残念ながらニアミスだったようです。
改めてコースタイムを見れば、寝太郎さまの残り香 はガスとともに拡散しておったようです。(詳しくは寝太郎さんのブログ参照)

牧ノ戸峠駐車場も満車状態でしたので、早々に退散。
帰り道にくじゅう連山を振り返ると、どよ~~んとした雲が乗っかっていました。
降り出したかな?
23

スポンサーサイト
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。