スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿蘇で舞台に立つ!? 中岳&高岳

平成26年6月25日(水)

雨予報が出なかった水曜日、久しぶりに阿蘇山へ行ってきました。
平日なのでトーゼン同行者なしの単独行。
なので ご安全に 砂千里から火口を見ながら中岳~高岳を歩き、パワースポットと言われる巨大な溶岩塊『天狗の舞台』でパワー充電の山行です。

ロープウェイ下の駐車場に車を止めて、午前9時スタート。
まずは砂千里入口までの緩やかな上りの遊歩道でウォーミングアップ

噴煙上がってますな~~
aso1

砂千里に鎮座する ゴジラのタマゴ? なんか乗ってるし!
aso2

だーーーれもいない砂千里をてくてく・・・ 
aso3

砂歩きの後はガレ場登り!!! 行っくよぉ~ん
aso4

息はキレキレだけど登りは怖くはない。
問題は下山時だな ← 下りヘタ
あと少し! のところでチビには難関の岩登り。
登って振り返ったら、巻き道あるじゃ~~ん
aso5

ずいぶん登ってきたもんだ♪ 左手に火口を見ながらの登り。
あの、チョっとくっついている大岩、地震でもきた日にゃ どーんと落っこちそう。
aso6

この大きな溶岩壁の眺め、自然美です
aso8

9:48AM 稜線まで出ました!
aso7

ここからはちょっとしたアップダウンの軽快な尾根歩き
aso9

にしても・・・ だーーれもおらんっ
今日は 観光登山者おらんの~? 給料日だから???

ほーーら こんな景色が見えるんだよ? 霞んでるけど
aso10

景色独り占めしながら周りを眺めながら山頂目指すと・・・
おっ 中岳山頂から元気な声が聞こえてきたゾ!!

まだ可愛さ残る正真正銘の? 山ガール3名様
中岳山頂写真 撮りっこしていただきました! 10:14AM
aso11

さっきまで歩いてた尾根。
aso12

ふんふん、火口に草千里、烏帽子岳にオカマど山?? いやいや・・・ 
aso15 クリック!

霞んでてわかりにくいっす
aso14

さてお次は高岳!!!
って ガスがぁぁぁ~~~~~

おっ 先ほどの山ガール三人娘も前進~
aso13

はよ 晴れろ~~ いや、踊ってません
aso16

高岳へ続く登山道
aso17

あれ? 三人娘は???

途中に仙人も酔うという仙酔峡から登ってくる 通称「馬鹿尾根」との合流地点があるのですが、先ほどの三人、この尾根を下ってるじゃないのっ

登りはロープウェイ下の遊歩道を登ってきたのに、なぜに下りはここなのよ?
若さゆえの チャレンジャー精神でしょうか
私も一度だけこの尾根を登りましたが、見下ろす高度感はハンパなくオケツがずーん!としたものです。
下りヘタな高いとこ怖い私には かなーり勇気が要る下山ルートです。

彼女達の勇気に感心しながらも高岳到着! 10:54AM
ここも だ~~れもおらんっ 
aso18

ので、ちょっとエバってみる
aso19

さて、目指すは天狗の舞台と高岳東峰。
大きい人はきっと枝パンチくらうであろうタイトな下り。
小さい人はぜーんぜん平気だもんね。
aso20

ほらっ あそこに見えるが 『天狗の舞台』
aso21

ゴツゴツした溶岩壁の舞台下を歩く。
aso22

振り返ると こんなカンジ。 この辺りは水が滴っておりました。
aso23

んで、天狗の舞台に乗っかってみれば・・・・!!

ただの広場~ 晴れてれば見晴らし良好なのですが、この日はガスガスガス。
aso24

この日最後の到達点 高岳東峰。 11:29AM
aso25

振り返れば さっき通ってきた天狗の舞台の勇姿

昔はどこにあるのかも知らずにただ 「行きたい!」と言ってたものですが、その頃は山登りのヤの字も知りませんでしたわ。

左下を通って来て、乗っかったのは右端あたりです。
比較出来るものがないのが残念ですが、ここから見れば人が乗っかってても豆粒くらいにしか見えません。
aso26

天狗の舞台を眺めながら、自作おむすびとなめこの赤だしでチョっと腹ごしらえ。
ミツバチがぶんぶんうるさいので早々に退散。。。
aso27

そのまま尾根を歩こうかとも思いましたが、ふと月見小屋あたりに人を発見!
中岳から高岳東峰までは、すれ違ったのは紳士一人だけだったし、つい人のいる方へ足が向いちゃいましたわ。

オケツがずーん!とする 断崖絶壁!
aso28

aso29

この月見小屋のある火口跡の窪地、黄色い矢印に沿って進む。
aso30

なせか?可愛く思える景色。 コイワカンスゲの大群・・・つか群生ですな。
aso31

高岳下の分岐で合流、あとは来た道を戻る♪
aso32

中岳あたりの先住民たち
aso33
aso34
aso35
aso36

帰りはあっち側に寄ってみよーっと
aso37

高岳東峰ではガスで見えなかったものの、下山途中の尾根道から遠くに根子岳が見えました。
aso38

ガレ場下りの前にちょっと休憩。 
aso39

ガレ場の下りは案の定ビビリまくってノロノロと。
見晴らしのいい下りはいつも怖くてビビリまくりなのです
いつかは慣れる日がくるのかしらん?

ずいぶん下ってきました。
aso40

帰りは展望所へ続く道から砂千里を見下ろす。
aso41

下山後そのまま火口見物に立ち寄り。
熊本県人ながら何年ぶりでしょ?
aso42

aso43

「ちょっ あーた。どっから来たんね?」
「あっちから? ほぇ~」
「何時間も? 足の強か人やねぇ~」

宮崎から来られたという火口見物中の熟年ご夫婦としばしお喋り


山登りしない方にとっては驚きでしょうけど、私なんかまだまだ。下りにビビる未熟者です。
超人はたくさんおりますばーい!!

火口のあっちとこっち、両方楽しんできました
aso45

最後は観光客気分で 本日のご褒美
aso44




スポンサーサイト
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。