スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本県 小岱山

三連休の初日。
引率者である隊長が不在のため、ひとりでも歩ける山に行こうと、小岱山へ向かいました。
玉名市は私が生まれ育ったところであり、小岱山ふもとの蛇ヶ谷公園は、高校の頃やってた部活でのランニングのターニングポイントでしたけど、離れて十数年、玉名バイパスが出来、新幹線が通るようになると、208号線も以前とはまったく違う道のようでした。
幸い、前もって隊長から笹千里駐車場へ行く道の情報を聞いていたので、なんとか迷わず到着です。

車を停めて準備していると、滝の方から登ってきた方々と会いました。
私より一回りほど若そうな(イヤ、もっと下かも)青年とそのお母様。
珍しい取り合わせだな~と思いつつも、人懐っこく話しかけられ、お二人の仲の良い様子にこっちまで楽しくなります

さて、午前9時40分出発!
笹千里登山口1

登山道・・・というより遊歩道です。ヤブツバキがぽつぽつと咲いています

登山道2

いきなりの階段で早くも息がきれましたが、20分ほどで丸山展望所へ着きました。
ちょっと霞んでる。。。

丸山展望所からの眺望3

整備されていて歩きやすい道は続きます。

登山道4

おお! 綺麗なツバキ!!

・・・と思ったら、ツバキの花を枯れ木に刺してある。。。
結構落ちている花もありましたもんね。

つばき?5

観音岳への階段。 ふーーっっ

観音岳への階段6

おぉ!これがウワサの『ウサギ石』
ふ~む、見える・・・ような

うさぎ石7

観音岳(小岱山)頂上です。
ちょうど1時間くらいかかりました。

観音岳頂上8

さて、お昼にはちょっと早いな~ 筒が岳まで行ってオニギリ食べようか・・・
と地図とにらめっこしてたら、毎日ここを登っているという熟年紳士お二人から「筒が岳行くなら一緒に行こうか~~♪」と声をかけて頂き同行させてもらうことに。
10分も行かないうちに七峰台というところへ出ました。

「もっと空気が澄んでるなら、遠くまで見えるとばってんなぁ~」

と、お二人があれこれお話してくれます。

七宝台9

筒が岳への道。
ちょっとした下りになってて、ずるっと滑りそう・・・
途中、荒尾展望所でお二人さんと別れ、1人頂上を目指します。
ありがとうございました

筒が岳へ10

頂上付近にある、筒ヶ岳の巨石です。

筒が岳巨石

ここが筒が岳頂上です。
反対側?から登ってきた方々が数名いらっしゃいました。
結局、観音岳まで戻ってお昼にすることにし、写真だけ撮って今来た道を戻ります。

筒が岳頂上12

途中、七峰台からの反対側(荒尾側?)の眺めです。

七宝台反対側13

観音岳でオニギリ食べて、一息ついたのちに、唐渡岩へ行ってみることに。
下りの長い階段・・・ こりゃ帰りは覚悟!!だわ

唐渡岩への階段下り14 

でも!! すっごーい景色!
さすがにはじっこまでは行けませんでしたが、ワタシ的には行けるとこまでけっこう頑張ったゾ!
遠くでは、岩登りしてるふうな人たちが数名。こわっっ

唐渡岩15
ロッククライマー?16

戻る途中にあった、ヤブツバキ。
赤い色がいっそう映えます

駐車場まで戻ってきたのは午後1時半。
いろんな方々と言葉を交わすことで、寂しさは感じませんでした。
帰りはもちろん温泉♪
立願寺温泉街にある、200円と激安な公衆浴場「玉の湯」で汗を流してきました。


ヤブツバキ17





スポンサーサイト
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。