スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年はくじゅうから!

皆さま、あけましておめでとうございます (えっ 今?)

すっかり放置状態となっておりましてスミマセン
それでもボツボツと覗きに来ていただき、ありがとうございます
去年の赤川以来、すっかり引きこもりになっちゃってーヤバイっす・・・
とは言っても、時々は近くの公園を歩いたりしておったのですが、
そんくらいで軽量化を図ろうとする考えが甘かった!

そんな重くなった身体で、久しぶりにくじゅうを歩いてきました♪

平成27年1月18日(日)

まるまると着膨れて、さーー 出発!
牧の戸1

この日の空は青いっ 白い雲がクッキリ
くじゅう2

マ、マイナス六度!? 空気は冷たいけど風がなくていい登山日和です。
くじゅう3

ゆっき、雪、ゆき~~~
くじゅう4

重い身体で息は切れるし足が上がらん・・・
けど!! この景色にテンション上昇
くじゅう5

空の青が濃い~~
くじゅう6

凍った御池、今年も乗っかりましたゾ
くじゅう7

御池のほとりで鍋つつく人、尻スキーで遊ぶ人、寝っ転がる人(ワタシ?)などなど、いや~賑やかです!
くじゅう9

誰よっ? コレ・・・ ヘヘヘ
くじゅう御池

この日は遠くまで見渡せて、由布岳や雲仙普賢岳も見ることが出来ました。
くじゅう10

おっ 久々の隊長登場
くじゅう8

御池で遊んだあとは中岳へ直行
くじゅう11

いぇ~~いっ
くじゅう12

阿蘇中岳の噴火がすごいぞっ!
火山灰がずずずぃーーーーっと、産山・竹田方面へ流れているモヨウ。
くじゅう13
くじゅう15

やっぱ 山はイイねっ
くじゅう14

雪景色に後ろ髪引かれながらも下山完了。 
さーー 温泉行くばーい

天気も良く駐車場はほぼ満車状態でしたが、雪はほぼ解けておりました。
くじゅう16
スポンサーサイト

おひとり様で赤川を登ってみた!

だんだんと寒くなってきた11月。
今年こそはっ! スタッドレスタイヤを・・・ と思うのですが
「スタッドレス履いてても滑るときゃ~滑る!」
という息子の言葉で、冬の雪道の運転に尻込みしてしまうハハです

その前に!!!
と、前夜から高千穂あたりまで行って夜明けとともに古祖母山を目指そうかと秘かに目論んでいたのだけれど、夕方次男一家の襲撃にあい(いつも突然やってくる!)、断念・・・

平成26年11月19日(水)

休日というのに夜明け前に目を覚ましたワタシ。
どれ、夜明けでも見に行くか~

大観峰の雲海
雲海1

くじゅうと言えども平日は人も少ないだろうと、赤川登山口から登ることに。
駐車場でお会いした、福岡から来られたという紳士と前後してお喋りしながら出発。

8:12am スタート
スタート2

落ち葉でフカフカの登山道ですが、石ころが隠れていたりして油断するとズルっといきます。
登山道3

登山道4

ひたすら登る! アンパンかじりながら登る!
阿蘇5

日陰には霜柱
霜6

お山が見えてきたところで、先ほどの紳士に撮っていただきました
急登7

さーーー これからが正念場! 頑張って登るバイ
ちいさいひとは、大きい岩を越えるのはちょーー大変なのよ
前回この登りでヒーコラ泣きそうになったことなんぞを思い出しながら登る!
やっぱりキツいけど、見晴らしは抜群にイイ

10:27am 久住山到着
山頂11

ちょっっ!! 登り上げたとたんに、ガスがせまってきた~~
ガス8

硫黄山方向はまだスッキリと晴れてるんだけどな。
硫黄山9

北側斜面は霜で白くなった岩が。
霜10

エビのシッポ と言ふべきか?
草氷12

白13

白14

中岳の向こうに見える大船山も山頂付近は心なしか白っぽい。
大船山15

樹氷ならぬ 『草氷』
氷16

どっちが上だかわからんようになった一枚・・・
氷17

岩の隙間には残雪らしきモノが・・・ 雪降ったのかな?
雪18

ひとしきり山頂の眺めを楽しみ、カップスープでお腹を温めの~んびり♪してたら冷えてきたー
先ほどの紳士は扇ケ鼻経由で下山するそうなので、山頂でお別れ。
扇ケ鼻からの下りはズルズルらしいけど、大丈夫だったでしょかね?

ワタシは来た道を下る。前回の下山ルートは久住山と稲星山の鞍部にある神明水を通った南登山道(と言うのか?)でしたが、このルートはチョっと寂しい登山道なので一人では歩きたくないので来た道を下ることに。

ロープはあれども、ちいさいひとにはこの段差は難儀します。
下山19

胸元より高いとこを登ったり下ったり。
しがみついて もー タイヘン! (脇には巻き道がありましたが。ははは・・・)
下山20
こんなトコは用心してゆっくり慎重に下るのだけれど・・・
下りが少し緩やかになった登山道で、ナゼか?切り株に思いっきり左膝をぶつけてしもーて。
しばし悶絶・・・

林道まで下ったあたりから、振り返る。
今日の山行も終わりかぁ~・・・ と少し寂しくなる瞬間。
下山21

林の中にはあちこちに目印のケルン。
ケルン22

扇ケ鼻へのルートの分岐まで戻ってきた。
一度はこっちからもチャレンジしてみよかね?
分岐23

下れば まだまだ綺麗な紅葉。 1:10pm 下山完了!
紅葉24

はよ帰って 昼寝しよーっと バイバイ またね、くじゅうさん
帰路25

帰って足を見てみたら、膝小僧にタンコブが出来ておったとな。
その上、カモシカのよーな?ふくらはぎにはいくつかの青タンが・・・・ なぜ???

コンビ復活!?で、くじゅう周回

アップするのが随分遅くなりました

平成26年9月27日(土)
久しぶりに隊長が山にやってきた

新年度とともに超!多忙となった(らしい)隊長。
仕事だったり雨天だったりで山から遠ざかって半年、やっと山歩きのチャーンス!がやってきた。
半年ぶりなので、長者原~雨ヶ池~坊がつる~すがもり越え の周回ルートでのんびり歩こうということに。
8:50AM 遅めのスタート

タデ原湿原の木道がリニューアルされて歩きやすくなってた!
くじゅう1

まずは 鮮やかな色合いの トリカブトらしき花。 
くじゅう2

こちらも綺麗な青紫色
くじゅう3

歩き始めから出会う花々に さらにのんびりペース
くじゅう4

くじゅう6

くじゅう5

お次は キノコ
くじゅう7

ギンリョウソウ みーっけ!!
くじゅう8

雨ヶ池には 超オクテ咲きの ミヤマキリシマがぽつんと
くじゅう10

あ”~~~ 雲行きがぁぁ・・・ 降るか?
ワタシ ザックカバー ワスレタ
くじゅう11

いやいや 晴れ女パワーで 持たせてみようホトトギス!?
くじゅう12

遠くに見える 紫色のエリア あれって・・・・ナニ?
くじゅう13

ヤマラッキョウ の群生でした
くじゅう14

アキノキリンソウとのツーショット
くじゅう15

1時間ほど歩いて身体が軽くなったか? 隊長!
「ザックカバー 俺は持ってきたも~ん」 と言いたげな背中
くじゅう16

坊がつるもご覧の通り 青空とはまた違った 素敵な光景です
くじゅう17

さー オヤツ食うばい! で結局早めのお昼ご飯となりました。
くじゅう18

お腹も膨れてパワー満タン。
ここまで途中で雨がパラパラと降ったりしましたが カッパ着るまでもなくすみました。
が、法華院から北千里へ登り上げる道はズルズル~

幻想的な北千里。 どこかで声はすれども姿は見えず!?
くじゅう19

くじゅう20

小さい秋 みぃ~つけた
くじゅう21

長者原に戻った頃、やっとガスが晴れて三俣山や硫黄山が姿を現しました。
くじゅう22

くじゅう朝駆け!・・・の予定が

実はっ!! 
7月半ばに転職しました。
慣れない環境で仕事習得と気疲れの日々でして、待ちに待った週末。

『山に行きたい!でも暑いのはヤだ!』

ということで、単独ですがまた朝駆けを企みまして。
前夜からくじゅう牧ノ戸へ向かったのですが、阿蘇一ノ宮を過ぎたあたりから雨、雨、雨
天気予報は晴れマークだったのですが、やられたっ! 「ところにより 雨」

まっ 取り敢えず行くだけ行ってみよっと

平成26年7月20日(日)

牧ノ戸峠駐車場にて夜中のアラームで目を覚ましたものの、外はまだ雨。
「雨が止んでから登ろう」と、雨音を聴きながら至福の二度寝
次に外の気配で目を覚ますと、雨もなんとか上がったようです。

空には半月。 午前4時半スタート。
1

三俣山の上には雲がどっかり乗っかっています。
2

沓掛山あたりで夜明けを迎えました
3

多少は濡れているものの、雨上がりの登山道は思ったよりヘーキでした。
4

ここも、そぉ~~っと足を置けばダイジョブよん
5

踏み石もちゃんとあって、ずいぶん歩きやすくなりました。
6

登山道の鮮やかな青紫色のヤマアジサイ。
7

しかし! 日が昇るにつれガスが・・・
扇ケ鼻分岐。これはこれで素敵なのです
8

星生分れに着いてもまだガスは晴れません。
9

今回は 星生山から星生崎へ、単独での大岩越えに挑戦! が目標です。
登ったことのある皆様は、「大岩越え?」 って首をかしげるかもしれませんが、星生山頂から星生崎に向かう最初の岩越えの下りは、高いところが怖い私にとってちょ~難関!一大決心なのです

星生山の尾根まで昇ると、そこは天空の世界
頑張って登ってヨカッタ~~ って思える瞬間です。
10

星生山山頂  AM6:14
星生山

山頂独り占め~
11

360度の眺望を楽しみながら、サンドイッチの朝ごはん
一瞬晴れるのですが、すぐに雲の大群がやってきます。

チャーーンス!!?

多少ガスがある方が、高度感の恐怖も和らぐだろう

気合い を入れて(なんせ一大決心なもんで)、いざ下る!
後続者がいなかったからヨカッタ。
岩にしがみついてるカエル状態とでも言いましょうか、見られたら もーオヨメに行けないよーな姿だったでしょな~ ははは

ほっとして振り返れば、悪戦苦闘の岩はもうガスの中・・・
12

ここもヨジ登りましたわっ 登るのはまだいーのよねぇ・・・
13

星生崎から避難小屋までの尾根を下るつもりが・・・
ガスで西千里はおろか、小屋の屋根さえ見えず、
真っ二つの大岩がないっ!! と思ったら、右寄りのコースを下っちゃいました。
あーらーまー

んで、そのまま久住山へ。
 AM8:16 到着。シャッターチャンスに間に合わず
14

山頂で、宮崎から来られたというご夫婦としばしお喋り。
最近山登りを始められたそうですが、話しながら自分撮りアイテム ゴリラポッドを取り出すと・・・

「うわー なんねそれ?!」
「ほぉ~ そげなつがあっとね!」

どーいうふうに使うのか興味津々の様子。
山頂撮りの一部始終を見学されて、アガッタ私が上の写真でございます。おほほ・・

「話しちょらんで、ワイらがシャッター押してやれば良かったったい!」 
お~ 気付かれましたか!

と言いながら下山されていきました ぷぷぷ

久住山の頂上もガスに覆われていましたが、時おりサーっと視界が開けます。
15

山頂が賑やかになってきたので、今回第二の目的である慰霊碑まで行ってみることに。
無事にアノ大岩を越えれたことのお礼を兼ねて手をあわせてきました。

この角度から見る御池は初めてです。
16

大船山にも雲が乗っかってますね~
17

さー そろそろ戻ろうか

避難小屋の広場の隅っこにある、岩でしばしお昼寝と思いましたが、まー周りの賑やかなこと!
「午後から雨が降りそうだね」
って会話が聞こえてきます。
帰り道のコンニチハ大合唱を覚悟して、の~んびり下山。

コケモモの実らしきものを発見したり
18

ノリウツギや
19

ニシキウツギ?
20

ウツボグサ
21

登山口近くで、アサギマダラとの出逢い
22

ちょうど12:00に下山完了。
後で判明したことですが、今回はあの有名なブログ!おのぼり寝太郎 の 寝太郎さんも登られていたそうで、どこぞやの山でお会いするのを楽しみにしているのですが残念ながらニアミスだったようです。
改めてコースタイムを見れば、寝太郎さまの残り香 はガスとともに拡散しておったようです。(詳しくは寝太郎さんのブログ参照)

牧ノ戸峠駐車場も満車状態でしたので、早々に退散。
帰り道にくじゅう連山を振り返ると、どよ~~んとした雲が乗っかっていました。
降り出したかな?
23

月夜登山で平治岳

平成26年6月14日(土)

週末は月明かりが期待できる!!
満月とはいかないけれど、晴れれば月夜の山歩きが出来て、おまけにミヤマキリシマのお花畑も満喫出来る

お外であそぼ♪ の かんみ♪さん から

『平治岳、朝駆けしませんか~?』 とのお誘いを受けた!
もちろんOKだわよーっ
気の急くワタシは前日夕方に熊本を出発、長者原に待機して車中泊。(寝坊回避とも言ふ)

予定ルートは吉部登山口から大船林道を歩き、途中からショートカット?で大戸越を経由して平治岳に立つ!!・・・はずでした

今回、かんみさんの師匠もご同行されるということで、かんみさんともども大船に乗った気マンマン
午前1時半、吉部登山口に到着、車を降りた師匠のお言葉。

「朝メシ 食うぞ~~」

えっ・・・ 朝メシ? 泣く子も黙る丑三つ時なんですが・・・

まっ そんなこんなで午前2時スタート
1

森の中を歩くので月の光も届かず真っ暗。 というか雲にかかって月見えず。
でも三人いれば暗闇も怖くなーーい!
いったん林道に出た後は橋の手前で再度森の中に入り、どんどん進む~

するとっっ!!!

登山道の左手遠くに家らしき明かりが見えるじゃないですか~
おかしい・・・・ 左側は山のハズ。
も、もしや スズメのお宿に迷い込んだ?
磁石で確認すると北に向かってるような? 間違えた? でも踏み跡はしっかりしてるしー

そこで師匠が 「ちょっと先まで見てくるけん!」 と、あっという間に見えなくなった。

残された二人もボチボチとしばらく進んでると、後ろから男子二名が追いついてきた。
聞けば「平治岳、このルートで間違いないっすよー」 とのことなのでほっとしながら二人の跡にくっついて師匠を追う。
しばらくして師匠と落合い進むと、ちっちゃな沢を渡る。

「あー!こんなトコ 「バボザル since2009」 のバボさん のレポに確かにあったよね!!」と安堵する。

ちょっと川幅が小さいようだけど・・・・??

んん? だんだん道が険しくなってきたゾ
ズルズルだし踏み幅がハンパなくデカいし、登りきれ~ん!ってトコは師匠におケツ押してもらってなんとか登りきると目の前には・・・

えっ・・・・・? こんなハシゴ 聞いてないよぉぃ~~~~
2

コンパス短い人には、もちっと長いハシゴにして欲しかった
3


『ありゃー 北口登山道に入ってもーたな』

北口、それナニ?
そういやバボさんも今回は避けたって書いてあったっけ・・・
くじゅう特有の黒土ズルズルの急登があるコースなんだって。
しかし、入ってしもたもんはしゃーないっ
聞けば平治岳にそのまま登り上げるそうなので、山頂に着くのを楽しみに頑張る!
「先を見てくる」と、途中から師匠は再度先に行き、かんみさんと私はボチボチ登る。

登山道はぐちゃっとして滑りそうなのでご用心歩行。
6

おぉ~~~ 東の空が赤く色づいてきた
4

ミヤマキリシマがぼぽつぽつ見えだした頃、先に山頂にザックをデポした師匠が迎えに戻ってきた。
どんだけ タフぢゃ~~~~
5

なっ なんとか夜明けに間に合った・・・  午前5時7分到着。
7

遠くには由布岳の双峰が浮かんでいました。きれ~~~~っ
8

ハイ、チーズ! で記念写真。
15

知らぬが仏でヒーコラだったけど、頑張ったよねー 私達
11

どこを向いてもぴんく、ピンク、Pink
9 10

これこそまさに! ピンクレディー
16

三俣山バックにテンションMAX
12

でも高いトコはやっぱ 腰が引けてます・・・
13

可愛いドウダンツツジ
18

葉はなくとも花は付く! 虫被害の影響か?
21

ニシウツギでしょうか?
22

ひと株株だけ、白のミヤマキリシマ
23

手前の株だけ、やや色が違います。
19

24

山頂では見れた眺望も南峰に向かうころにはガスに覆われ、大戸越まで下りて振り向くと、ご覧の通り。
25

師匠は北大船山に登ってくるというので坊がつるの避難小屋で落ち合うことにして、北口ルートで燃え尽きたかんみさんと私はそのまま坊がつるへ。
相変わらず ぐっちょぐちょの道だぁぁ~~~
26

ここから登る時は協力致します!!
27

「テント泊してみたいねー」 
「テント欲しい! 担いでくれる人もっと欲しい!」 
なーんて会話しながらテント場を散策し師匠の帰りを待つ山ガール二人 (なにか?)
28

北大船のお花畑を歩いてきた師匠と合流し、法華院温泉山荘へ向かう。
14

ココに来たら、やっぱコレ乗らにゃ~ね
17

下山は 「暮雨(くらさめ)の滝」を通るルートへ。
右はスズタケ、左は自然林の、景観的にはなかなか素敵な道なのですが
ここも油断すると、ぐちゃっとぬかるみに入りそうになります
29

バイケイソウの花 初めて見ました!
30

30分ほど歩くと滝の看板があり、ぐーっと下ると滝へ。
ん~~~っ マイナスイオン浴びるぞっ!!

この時はランチ中のカップ麺のかほりが漂っておりました
31

かんみさんに先端をぐーっと持ち上げてもらって、ナルコユリ激写
32

下りも一部踏み幅大きくて急下りもあり、滑りそうで結構大変でした。
あー やれやれで 登山口に到着 午後1時6分。
33

11時間の山行、初めてのコース歩きとミヤマキリシマに大満足でした。
その後、漁師 猟師山下のオオヤマレンゲを見に移動。

九重森林公園スキー場には、早くもキスゲが咲いていました。
34

おおーーっと ギンリョウソウを師匠が発見! 
35

やっぱり素敵 オオヤマレンゲ
36

今回、師匠に&かんみ♪さんには大変お世話になりました!!
休憩のたびにバナナやらアンパンなどの食いもんが出てくる師匠のザックはまるでドラえもんのポッケ。
かんみ♪さん差し入れのちべたーいゼリーで生き返りました!
残念ながら今回隊長は同行出来ませんでしたが、以前から見たかった平治岳のミヤマキリシマのピンク一色の山肌が見れたし、とてもとても楽しい山歩きが出来ました

ホントにホントにありがとーごぜぇますだーーー
プロフィール

つる姫

Author:つる姫
九州熊本より発信中です。
膝の故障もボチボチ癒えてきました。
今のところ九州内であちこちの山に出没しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
おいでませ♪
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。